ホーム > まち・環境 > ごみ・リサイクル > 大規模災害時のごみの出し方

更新日:2020年2月4日

ここから本文です。

大規模災害時のごみの出し方

大規模災害が起きた際には、生活ごみ(生ごみなど腐敗しやすいもの)、片付けごみ(壊れた家財や家電など)、がれき(家屋の損壊)などの災害廃棄物が大量に発生します。

大規模災害時のごみの出し方については、下記の事項に注意してください。また、市ホームページ等でも広報をしますので、ルールを守ったごみ出しにご協力ください。

大規模災害時のごみの出し方について

下記の事項について、ご理解ご協力をお願いいたします。

  • 災害発生直後はごみ処理施設、被害地域の安全確認を行うために、ごみ収集は一時的に停止する場合があります。
  • 道路の不通等によりごみ収集の効率が下がる場合は、燃やせるごみを優先して回収します。その場合、燃やせないごみ、資源類(紙製容器包装等、プラスチック製容器包装)は各家庭で一時的に保管をお願いします。
  • 災害により家庭から片づけごみが大量に発生した場合は、市が指定する仮置場に搬入をしていただきます。
  • 仮置場に片づけごみを搬入する場合は、分別をしていただく必要があります。災害廃棄物を分別することにより、処理期間の短縮及び処理費用の削減につながり、生活環境をいち早く戻すことができます。ご協力をお願いします。

災害廃棄物仮置場候補地

場所 住所
半田市一般廃棄物最終処分場 半田市西億田町43番地ほか
半田市クリーンセンターの一部グラウンド 半田市乙川末広町50番地ほか
半田市一般廃棄物最終処分場建設予定地の一部(令和4年度まで) 半田市西億田町96番地ほか
みなと公園 半田市11号地19番地8
潮風の丘緑地 半田市潮干町1番地38

ごみは決められた場所に出してください

災害廃棄物を道路や公園などに捨ててしまうと、通行の妨げになるほか、ごみが腐敗するなど生活環境が悪化してしまいます。

また、そのごみを処理するためには長い期間と高額な費用が発生します。

ルールを守ってごみを出しましょう。

ルールを守ってごみを出しましょう

街のなかに投棄された災害廃棄物(出典:環境省ホームページ)

 

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部クリーンセンター

半田市乙川末広町50

電話番号:0569-23-3567

ファックス番号:0569-21-6405

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?