更新日:2018年8月27日

ここから本文です。

印鑑登録

印鑑登録

登録できる人 半田市に住民登録している人
ただし、15歳未満の人や成年被後見人は登録できません。
登録できる印鑑

一辺8mm以上25mm以下の正方形の中に、印影がおさまるもの

  • 登録できる印鑑は1人1個です。

登録できない印鑑の主な例

  • 世帯内で同一のもの。
  • 氏名、氏もしくは名または氏名の一部を組み合わせた文字であらわしていないもの。
  • 印鑑の輪郭が4分の1以上欠損しているものまたは輪郭のないもの。
  • 変形しやすい材質のもの。(シャチハタ不可)
本人による申請 登録する印鑑と本人確認をする身分証明書をお持ちください。
(即日登録ができます。)
有効な身分証明書は、官公署発行の顔写真付証明書(運転免許証、パスポート、個人番号(マイナンバー)カード、住民基本台帳カードなど)です。

身分証明書のない人でも、身分証明書の代わりに保証書による本人確認で登録ができます。

(即日登録できます。)
本人の確認ができる半田市職員または半田市で印鑑登録をしている人が、保証人になれます。保証書には保証人による署名と登録印の押印が必要になりますので保証書の太線の中を記入・押印した上でお持ちください。

印鑑登録保証書(PDF:88KB)

身分証明書・保証書のない人
(文書照会:即日登録はできません。)

  • 1回目の来庁
    登録する印鑑をお持ちください。
    市から、本人あてに照会書を郵送します。
  • 2回目の来庁
    本人記入・押印の回答書と本人確認書類(健康保険証など)、登録する印鑑をお持ちください。
代理人による申請

疾病その他やむを得ない場合は、代理人により申請をすることができます。事前に市民課にご相談ください。
(文書照会:即日登録はできません。)

  • 1回目の来庁
    下記様式を使用した本人記入の委任状と登録する印鑑、代理人の印鑑をお持ちください。市から、本人の意思確認をするために照会書を郵送します。本人の手が不自由等で委任状の本人記入ができない場合は、事前に市民課にご相談ください。

委任状(PDF:90KB)

  • 2回目の来庁
    本人記入・押印の回答書と本人の登録する印鑑、代理人の印鑑、本人及び代理人の本人確認書類をお持ちください。1回目と同じ代理人が窓口にお越しいただく必要があります。
その他
  • 印鑑登録証をなくされた場合
    登録証は再発行することができません。現在の印鑑登録を廃止し、改めて上記のいずれかの方法で印鑑登録が必要になります。
  • 印鑑の紛失・変更の場合
    現在の印鑑登録を廃止し、改めて印鑑登録が必要になります。現在の印鑑登録証も併せてお持ちください。詳しくは、市民課にお問い合わせください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民経済部市民課 住民記録担当

電話番号:0569-84-0632

ファックス番号:0569-21-2494

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る