更新日:2019年3月12日

ここから本文です。

外出支援サービス事業

タクシー料金の一部を助成します

一般の公共交通機関を利用して外出することが困難で、介助なしには外出することができない高齢者が外出する際に利用するタクシー料金の一部を助成します。

対象者

下記の要件をすべて満たす方

  • 世帯全員が市民税非課税である方
  • 介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設及び有料老人ホーム等に入所していない方
  • 介護保険の認定を受けた方で、障がい、高齢者の日常生活自立度がAランク以上の方または認知症高齢者の日常生活自立度がⅡ以上の方
  • 65歳以上で上記基準に準ずる状態の方

原則として、市民税、固定資産税、都市計画税、軽自動車税、国民健康保険税、介護保険料及び後期高齢者医療保険料を滞納している方は対象となりませんが、納税誓約をしていただき、納税が見込まれると判断された場合は対象となります。

 

助成回数

年24回(24枚つづりチケット1冊)。ただし、市民税非課税世帯で、要介護4及び5の方は年48回。

障がい者の方で、障がい者のタクシーチケットの対象となる方、バス特別乗車証を受けている方、自動車税・軽自動車税の減免を受けている方には発行できません。

助成額

  • 距離制運賃が適用されている場合

初乗運賃の9割に相当する額

  • 時間制運賃が適用されている場合

小型・中型福祉タクシー : 一律1,500円

大型・特定大型・大型福祉・特定大型福祉タクシー : 一律2,500円

利用範囲

要介護3以上で大型特殊車輛が必要な方は、大型特殊タクシー及び特定大型特殊タクシーを利用することができます。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部高齢介護課 高齢者福祉担当

電話番号:0569-84-0644

ファックス番号:0569-25-2062

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?