更新日:2019年5月31日

ここから本文です。

国民年金について

日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人は、国民年金に加入しなければなりません。

加入の種別は3つあります。

第1号被保険者加入者

加入者

自営業・学生・無職等の人で、他の年金制度(厚生年金や共済年金など)に加入していない人。

保険料

  • 定額16,410円/月額(平成31年度)
  • 2年前納380,880円/2年額(割引額14,520円)
  • 1年前納193,420円/1年額(割引額3,500円)
  • 半年前納97,660円/半年額(割引額800円)
  • 付加保険料400円/月額(任意加入)

口座振替では当月末までに納付すると割引される「早収割引」制度があります。

  • 毎月納付16,360円(割引額50円)
  • 2年前納379,640円(割引額15,760円)
  • 1年前納192,790円(割引額4,130円)
  • 半年前納97,340円(割引額1,120円)

保険料は、郵便局を含む全国の金融機関、コンビニエンスストアで納付・口座振替することができます。申請によりクレジットカードによる納付もできます。
なお、市役所(国民年金窓口・半田市役所内知多信用金庫本店派出所・会計課窓口)では納付や口座振替手続きはできません。納付した保険料は、確定申告や住民税の申告の時に、全額社会保険料控除の対象となります。

  • 納付書・口座振替、納付額等についてのお問い合わせは、もよりの年金事務所が窓口になります。
    (半田年金事務所(電話)0569-21-2322)

第2号被保険者

加入者

厚生年金・共済年金等の加入者

保険料

半額分を給料等から天引きして、会社(事業主)が保険料を納めます。

第3号被保険者

加入者

会社などに勤めている人(第2号被保険者)に扶養されている配偶者

保険料

配偶者が加入している年金制度が負担するため、個人で納める必要はありません(配偶者の給料からも控除されません。)

  • 保険料の納付は必要ありませんが、該当する場合には、届出が必要です。

国民年金には任意加入もあります。

  • 国外に住所を有する日本国籍の20歳以上65歳未満の人
  • 老齢(退職)年金を受給している60歳未満の人
  • 60歳以上65歳未満で、受給資格のない人や年金額を増やしたい人など

老齢基礎年金の受給資格のない、昭和40年4月1日以前生まれの方は、65歳以降も受給資格を得るまで国民年金に加入することができます。ただし、70歳になるまでに限られます。(特例任意)

60歳以上の任意加入の人は原則、口座振替で保険料を納めることになります。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部国保年金課

電話番号:0569-84-0653

ファックス番号:0569-22-8561

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?