ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 相続登記の申請が義務化されます

更新日:2023年10月13日

ここから本文です。

相続登記の申請が義務化されます

法改正により、令和6年4月1日から相続登記の申請が義務化されます。
相続により不動産の所有権を取得したことを知った日から3年以内に相続登記の申請をしなければならないこととされました。
正当な理由なく義務違反をした場合、10万円以下の過料が科される可能性があります。
なお、令和6年4月1日の施行日前に相続の開始があった場合にも、登記の申請義務は適用されます。
詳しくは、法務省のホームページをご確認ください。

相続登記について

土地・家屋などの固定資産の納税義務者が亡くなり相続をする際には、法務局にて登記名義人の変更の手続きをする必要があります。
また、未登記の家屋がある場合には、併せて表題登記申請が必要となります。

申請窓口は、名古屋法務局(半田支局)です。

  • 名古屋法務局(半田支局)TEL:0569-21-1095
  • 司法書士会「相続登記相談センター」TEL:0120-13-7832(フリーダイヤル)

 


 

よくある質問

お問い合わせ

総務部税務課

電話番号:0569-84-0621

ファックス番号:0569-25-3254

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?