ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 個人住民税 > 住民税申告書の電子送信について

更新日:2022年1月4日

ここから本文です。

住民税申告書の電子送信について

お知らせ

半田市ホームページ内の「住民税申告書作成ツール(外部サイトへリンク)」で作成した住民税申告書のPDFファイルを「愛知県半田市電子申請・届出システム」を利用することで電子送信(申告)することができます。

住民税申告書の電子送信では、これまで申告に必要だった添付書類の提出を原則省略できます。(医療費控除の明細書を除く。)

住民税申告書の電子送信をご利用の際は、以下の利用方法をよく確認したうえで行ってください。

住民税申告書作成ツールについて

1.利用できる方

「愛知県半田市電子申請・届出システム」の利用者登録をされている人

ご自身(申告される人)の「宛名番号(注)」がわかる人

:宛名番号は、6月上旬頃に送付している「納税通知書のあなたの整理番号欄」や1月下旬頃に送付している「住民税申告書の整理番号欄」などに記載されています。

注:電子送信は利用者登録をした本人の申告のみすることができます。

愛知県半田市電子申請・届出システム(外部サイトへリンク)

2.利用期間

令和3年1月9日(土曜日)から

:3月15日(その日が休日の場合は次の平日)以降に電子送信で申告された場合、5月中旬から6月上旬頃に発送する「納税通知書」に申告された内容が反映されない場合があります、ご了承ください。その場合、順次「税額変更通知書」にて申告内容を反映した通知書をお送りいたします。

3.利用方法

半田市ホームページ内の「住民税申告書作成ツール」を利用して住民税申告書等のPDFファイルを作成します。

住民税申告書等のPDFファイル作成後「愛知県半田市電子申請・届出システム」から電子申請する際に、作成したPDFファイルを添付することで申告書を送信します。

【手順1】

「住民税申告書作成ツール」を利用して作成した申告書等のPDFファイルを保存します。

:「住民税申告書作成ツール」から直接申告書を送信することはできません。

【手順2】

「愛知県半田市電子申請・届出システム」へログインし、「手続き申込」において、手続き名を「市民税」と入力して検索します。

「市民税・県民税申告書電子送信」を選択し、必要事項を入力し、手順1で作成したPDFファイルを添付して送信します。

 

:医療費控除の申告をされる場合、申告書とあわせて医療費控除の明細書を添付して送信してください。

:医療費控除の明細書は「住民税申告書作成ツール」から作成することができます。

:電子送信を行うためには愛知県半田市電子申請・届出システムへの利用者登録が必要です。

:「愛知県半田市電子申請・届出システム」の利用方法は下記のマニュアルをご参照ください。

愛知県半田市電子申請・届出システムマニュアル(PDF:1,551KB)

4.添付書類について

住民税申告書の電子送信については、原則、添付書類の提出が省略できます。

医療費控除の申告については、領収書に代わり医療費控除の明細書のみでの申告が可能となりましたが、医療費控除の明細書(注)提出を省略をすることはできません

 

:住民税申告書の電子送信について、申告書に医療費控除の内容が記載されていても、医療費控除の明細書が添付されていない場合、医療費控除の適用は受けられません。
住民税申告書の電子送信により添付を省略した書類については、法定申告期限から5年間は提示または提出を求められることがあります。この求めに応じなかった場合は、これらの書類については、申告書に添付または提示がなかったものとして取り扱われ、申告に適用されなくなりますのでご自宅で保管していただきますようお願いいたします。

よくある質問

お問い合わせ

総務部税務課

電話番号:0569-84-0620

ファックス番号:0569-25-3254

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。