ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 個人住民税 > 公的年金からの特別徴収について

更新日:2019年6月12日

ここから本文です。

公的年金からの特別徴収について

65歳以上の方の公的年金等の所得に係る市民税・県民税は公的年金から特別徴収されます。特別徴収とは、年金保険者(日本年金機構など)が市民税・県民税を年金から引き落として市町村へ直接納入する方法です。

特別徴収の対象者

4月1日現在、65歳以上の年金受給者のうち、前年の年金所得に係る市民税・県民税の納税義務のある方

ただし、介護保険料が年金から引き落としされていない方、引き落とされる市民税・県民税の額が老齢基礎年金などの額を超える方は対象となりません。

特別徴収となる税額

年金所得から計算した市民税・県民税

ただし、公的年金等以外の所得(給与所得、事業所得など)に係る市民税・県民税は、年金から特別徴収されず、別に納めていただきます。

特別徴収される年金

老齢基礎年金または昭和60年以前の制度による老齢年金、退職年金など

ただし、障がい年金、遺族年金などの非課税の年金は対象となりません。

徴収方法

公的年からの特別徴収方法について(PDF:64KB)

 

よくある質問

お問い合わせ

総務部税務課 市民税担当

電話番号:0569-84-0620

ファックス番号:0569-25-3254

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。