ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 固定資産税・都市計画税(土地)の課税誤りについて

更新日:2019年7月23日

ここから本文です。

固定資産税・都市計画税(土地)の課税誤りについて

固定資産税・都市計画税(土地)の課税誤りについて

この度、内部調査により、固定資産税・都市計画税の課税誤りが判明いたしましたので、ご報告させていただきます。

土地の固定資産税・都市計画税を算定する際、住宅用地に対する課税標準額の特例が適切に適用されず、長年にわたり過大または過小に税額を算定し、徴収していたものであります。
納税者の皆様並びに市民の皆様には、多大なご迷惑をおかけしてしまいましたことと、本市の税務行政の信頼を著しく損なうことになりましたことを、心から深くお詫び申し上げます。

誠に申し訳ありませんでした。
この度の課税誤りを厳粛に受け止めさせていただきまして、本市の税務行政の信頼回復に向けしっかりと取り組んでまいります。

 

令和元年7月10日 

半田市長 榊原 純夫

 

固定資産税・都市計画税(土地)の課税誤りについて(PDF:348KB)

 


お問い合わせ

総務部税務課

電話番号:0569-84-0622(土地担当)

ファックス番号:0569-25-3254

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。