ホーム > よくある質問 > 暮らし・手続き > 税金 > 家屋が古くなったのに、評価額が下がらないですが

更新日:2020年11月4日

ここから本文です。

家屋が古くなったのに、評価額が下がらないですが

質問

家屋が古くなったのに、評価が下がらないのはなぜですか?

回答

家屋は3年に一度、評価額を見直します。
その際に、
 1.家屋の損耗(評価の低下)率
 2.物価の上昇率
を乗じて評価額を算出します。

建築年の古い家屋の一部には、過去に建築費の上昇が続き、評価が据え置かれていたこともあり、評価額が下がらないといったこともあります。

お問い合わせ

総務部税務課 家屋償却担当

電話番号:0569-84-0621

ファックス番号:0569-25-3254

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?