ホーム > 市政情報 > 予算・財政 > 財政状況 > 令和2年度の予算執行状況について

更新日:2021年5月25日

ここから本文です。

令和2年度の予算執行状況について

令和3年3月31日現在での令和2年度予算の収入と支出の概況(執行状況)を、一般会計(基本的な行政サービスを行うための会計)と、特別会計(特定の事業や資金管理を行うための会計)、企業会計(民間企業と同様に、利用料金収入などによりサービスを提供する事業の会計)ごとにお伝えします。なお、最終的な決算状況は、12月にお知らせします。
まず、全体概要として、令和2年度は、世界的な新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、対策費用などで、例年より予算規模が大きくなっております。

一般会計の状況

歳入(収入)

歳入の予算総額は、558億3,029万円で、令和元年度の決算額と比べて152億円ほど増加しており、現在の収入済額は、515億141万円となります。主な増加要因は、新型コロナウイルス感染症対策として、特別定額給付金事業関連の補助金により、国庫支出金が大幅に増えています。内訳別では、市民税や固定資産税などの「市税」による収入が最も多く、次に、国や、県から交付される「国庫支出金」や「県支出金」、消費税の一部を財源として交付される「地方消費税交付金」の順となっています。

予算額 収入済額 収入率
558億3,029万円 515億141万円 92.2%

(前年度決算額405億9,562万円)

歳入グラフ(JPG:181KB)

歳出(支出)

歳出の予算総額558億3,029万円に対して、支出済額は456億5,987万円です。令和2年度は、新型コロナウイルス感染症対策として実施した特別定額給付金事業(120億3,590万円)が増加要因となり、行政の運営にかかる費用などの「総務費」が最も多く、次いで、子育て支援や社会保障にかかる費用である「民生費」、道路・公園・河川などの整備や維持管理を行う費用である「土木費」、小中学校など教育にかかる費用である「教育費」の順となっています。

予算額 支出済額 執行率
558億3,029万円 456億5,987万円 81.8%
(前年度決算額390億1,220万円)

特別会計の状況

特別会計とは、特定の事業や資金を管理することを目的に、一般会計とは区別される会計で、半田市では7つの特別会計があります。

区分 予算額 収入済額 収入率 支出済額 執行率
国民健康保険事業 96億1,245万円 88億6,964万円 92.3% 92億745万円 95.8%
介護保険事業 86億3,802万円 71億8,472万円 83.2% 78億7,386万円 91.2%
後期高齢者医療事業 15億9,644万円 13億313万円 81.6% 14億3,915万円 90.1%
乙川中部土地区画整理事業 15億9,608万円 4億8,757万円 30.5% 6億5,553万円 41.1%
JR半田駅前土地区画整理事業 10億802万円 1億7,643万円 17.5% 3億3,546万円 33.3%
駐車場事業 5,154万円 1,400万円 27.7% 3,557万円 69.0%
モーターボート競走事業 812万円 0円 0.0% 9万円 1.1%
合計 225億1,067万円 180億3,549万円 80.1% 195億4,711万円 86.8%

企業会計の状況

企業会計は、独立採算制を原則とする企業的な事業を運営する際に設置し、半田市では半田市立半田病院事業、水道事業及び下水道事業があります。

区分 予算額 収入額/執行額 収入率/執行率
半田市立半田病院事業 収益的 収入 142億1,438万円 136億1,351万円 95.8%
支出 141億7,819万円 134億5,987万円 94.9%
資本的 収入 15億2,772万円 14億9,905万円 98.1%
支出 32億2,158万円 31億6,959万円 98.4%
水道事業 収益的 収入 23億835万円 22億9,730万円 99.5%
支出 20億9,872万円 20億4,091万円 97.2%
資本的 収入 5,877万円 2,618万円 44.5%
支出 5億2,196万円 4億5,352万円 86.9%
下水道事業 収益的 収入 35億5,822万円 35億7,231万円 100.4%
支出 35億3,550万円 34億5,441万円 97.7%
資本的 収入 19億6,823万円 17億7,789万円 90.3%
支出 30億823万円 27億7,604万円 92.3%

地方債の残高

地方債は、道路・公園・小中学校・下水道といった公共施設整備などのために、国・県や金融機関などから借りたお金です。整備された公共施設は、将来にわたって使用されるため、この整備費用を公債費という形で、将来の市民のみなさんにも負担していただくことにより、世代間の負担の公平を図っています。

一般会計 81億1,406万円
特別会計 18億8,401万円
企業会計 208億835万円
合計 308億642万円

半田市の財産

土地(道路、学校等の土地も含む) 5,882,656.91m2
基金(未収金などを含む) 114億7,698万円
建物 428,281.28m2
有価証券・出資金 3億8,126万円

市民一人あたりの負担状況

  令和3年3月31日時点 前年同期 前年比
市税負担額注意1 19万1,348円 18万7,234円 +4,114円
地方債負担額注意2 26万2,463円 28万9,472円 -2万7,009円

 

注意1)市税の収入済額を人口で割ったものです。

注意2)地方債の残高に土地開発公社の借入額(4億5,348万円)を加えた額を人口で割ったものです。

よくある質問

お問い合わせ

総務部財政課 財政担当

電話番号:0569-84-0617

ファックス番号:0569-23-6061

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?