ホーム > まち・環境 > 都市計画 > 都市計画に関する資料 > わたしのはんだ発見!風景絵画&フォトコンテスト入賞者発表

更新日:2019年11月27日

ここから本文です。

わたしのはんだ発見!風景絵画&フォトコンテスト入賞者発表

2019わたしのはんだ発見!風景絵画&フォトコンテストの入賞者を発表します。

絵画部門一般の部81点、中学生の部376点、小学生の部1,094点、幼児の部23点、フォト部門112点、インスタグラムフォト部門184点、計1,870点の応募があり、次の皆さんが入賞されました(敬称略)。

はんだの魅力発見!大賞

絵画部門

「潮干祭」松浦藍子(のぞみが丘)

絵画大賞

フォト部門

「さつきの丘」稲葉さえ香(岩滑中町)

フォト大賞

インスタグラム大賞

インスタグラムフォト部門

大岩尚史[maro_0704](知多郡武豊町)

インスタグラム大賞

はんだの魅力発見!大賞特別賞

絵画部門

〈中学生の部〉

「夏の住吉神社」伊藤響(半田中3年)

大賞特別賞中学生

〈小学生の部〉

「成岩の自慢!大獅子小獅子の舞」守田修(成岩小4年)

大賞特別賞小学生

半田市観光協会賞

フォト部門

「黒板塀越しの世界…私だけの半田運河」間瀬幹夫(犬山市)

観光協会賞

半田商工会議所会頭賞

絵画部門

〈一般の部〉

「白山神社の夏」平山宗也(白山町)

商工会議所会頭賞

半田市教育委員会賞

絵画部門

〈中学生の部〉

「ちんとろ祭り 子供三番叟の奉納」榊原悠斗(半田中3年)

教育委員会賞

半田青年会議所理事長賞

絵画部門

〈小学生の部〉

「平地神明社 馬駆け」横井百菜(乙川東小6年)

青年会議所理事長賞

インスタグラム賞

インスタグラムフォト部門

きらりん(豊田市)

インスタグラム賞1

杉浦誓(のぞみが丘)

インスタグラム賞2

超!マニア賞

インスタグラムフォト部門

shimamura shinichi(板山町)

超!マニア賞2

hagirock_(名古屋市)

超!マニア賞

わたしのはんだ賞

絵画部門

〈一般の部〉

竹内政男(新居町)、杉浦博和(柊町)、土井康子(清城町)

〈中学生の部〉

小島桐(成岩中3年)、榊原ちひろ(半田中3年)、松井千尋(成岩中2年)、蜷川すや(成岩中2年)、稲垣紗笑(成岩中2年)、白石煌惺(青山中1年)

〈小学生の部〉

磯村実珠(宮池小6年)、八谷凌(横川小6年)、長田創(雁宿小5年)、内田准三郎(宮池小5年)、岡田航紀(花園小5年)、河合乃慧(成岩小5年)、原菜月(亀崎小5年)、松井瑞季(成岩小4年)、本郷翼(宮池小4年)、高橋理仁(成岩小3年)、岡田望亜(花園小3年)、那須陽向(雁宿小3年)、榊原寧々(乙川東小2年)、青木奏歩(武豊町立衣浦小2年)、山口二胡(常滑市立西浦南小2年)、杉浦一輝(横川小1年)、青木心平(花園小1年)、澤田朱璃(亀崎小1年)

〈幼児の部〉

鳥居ゆめ(高根保育園)、榊原まな(清城保育園)、中田こころ(花園保育園)

フォト部門

早野由香(埼玉県さいたま市)、平田金吉(相賀町)、宮田元治(岐阜県可児市)、浅井駿希(乙川東小2年)

はんだの風景賞

絵画部門

〈中学生の部〉

成田殊望(亀崎中3年)、桒原萌花(乙川中3年)、杉江紗良(青山中3年)

〈小学生以下の部〉

松村奏汰(岩滑小6年)、廣瀬鈴(亀崎小5年)、秦ゆめ(亀崎小4年)、花木優香(半田小3年)、小栗悠生(雁宿小2年)、川島莉実(乙川東小1年)、田中豪(花園保育園)

入賞作品の展示

日時:令和元年11月23日(土曜日)から12月4日(水曜日)9時00分~22時00分

場所:クラシティ3階

日時:令和元年12月6日(金曜日)から12月15日(日曜日)9時30分~17時00分

場所:MIM内MIMホール

入賞作品の審査員講評

絵画部門

半田市のさまざまな風景が、作者一人一人の個性によって切り取られ、豊かな色彩と巧みな技法によって描かれた多くの作品に出会うことができました。

大賞作品については、潮干祭りの荘厳さとそこに集まった人たちの熱気が伝わってきます。水面の揺らぎや抜けるような空の色彩が5月の空気を効果的に表現しています。

一般の部には、眼前の風景から受ける印象や音、匂いなどを大切に描いている作品が多く、どの作品も時間が止まっているかのような、息をのむ静寂さが感じられました。

幼児~小・中学校の部では、日常的に遊んだり、通学したりしている風景の中に自分の身を置いたような、何気ない自然な子どもらしさが伝わってきました。同時に、素直な目と心、優しい手を駆使して、「ふるさとはんだ」の温かさを強烈に表現している作品が多く見られました。

今後は、まだ発見されてないような新しい半田市の風景に挑戦し、その素晴らしさや魅力を個性豊かに表現されることを期待しています。

審査員:山本創

フォト部門

大賞作品の「さつきの丘」は、夕方の柔らかい光を利用し、満開のさつきをメインに半田運動公園の魅力をうまく引き出しています。また、花と木をバランスよくまとめており、安定感のある構図で情緒のある作品になっているのも大きく評価できます。

今回、入賞した作品は、魅力のある半田の風景を表現できているもの、その場の雰囲気をうまく捉えたものを選んでいます。

特に大賞に選ばれた「さつきの丘」は、半田運動公園を新しい視点として捉えており、技術も含めた作品としての価値が大きなポイントに繋がりました。

他の入賞作品の山車が集う、カーブミラーの風景、春の洋館、日本で一番古い駅舎も半田の景観+作品的な要素の強い一枚として選びました。

ぜひ、これからも半田の魅力のある風景を発掘していただきたいと思います。

審査員:山崎隆行

インスタグラムフォト部門

インスタグラム大賞

  • 雨でぬれた床に光が反射して輝く姿が幻想的である。
  • 昼の赤レンガとはまた別の姿で行ってみたくなるような写真である。
  • 赤レンガの特徴であるハーフティンバー構造の陰影を上手く捉えている。

インスタグラム賞

きらりんさんの作品

  • 花・緑・ハートの幹・光の入り方等の全体構造が迫力があり良い。
  • ハートがまるでフォトフレームのように上手く捉えられている。
  • 写真全体から幸せを感じる。

杉浦誓さんの作品

  • エントリー作品の中でも半田を代表する彼岸花の美しさが際立つ作品である。
  • レンズボールを使用した構図で、2次元の中に天球写真を表現した夢の世界が広がる作品である。

超!マニア賞

shimamura shinichiさんの作品

  • 半田らしくないシュールな一枚である。
  • 光照院のどこにあるのかわからないので探しに行きたくなる。
  • 知多四国巡りを若者にも知っていただきたい。

hagirock_さんの作品

  • 亀崎の路地裏の雰囲気が充分に伝わる古井戸の写真である。
  • 懐かしさの中に、今でも生活にとけ込んでいる井戸が印象深い。
  • 井戸周りのカラフルな壺がインスタ映えしている。

審査員:ふるさと半田応援団

はんだマニア

入賞者の作品を掲載した「はんだマニア」(半田市PR冊子)を11月下旬から順次配布しております。

はんだマニア表紙はんだマニア裏表紙

発行部数は15,000部

配布先は、市役所、市民交流センター、博物館、半田運動公園、空の科学館、福祉文化会館(雁宿ホール)、新美南吉記念館、各観光施設等です。

よくある質問

お問い合わせ

建設部都市計画課 都市計画担当

電話番号:0569-84-0664

ファックス番号:0569-23-6061

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?