ホーム > まち・環境 > 都市計画 > 都市計画に関する施策・計画 > 半田運河「蔵のかけ橋」について

更新日:2022年4月6日

ここから本文です。

半田運河「蔵のかけ橋」について

半田運河と新川が合流する箇所(MIMの南側)に建設していた人道橋が完成いたしました。
新たに人道橋が建設されたことにより、半田運河周辺の回遊性が向上し、より魅力あふれる空間が創出されるほか、夜にはライトアップされ、新たな景観を楽しむことができます。
人道橋1

人道橋2

人道橋夜

名称の選定について

市民など(在住・在勤・在学)に広く募集を行い、応募のあった507件のうち、選定委員会で選定された6件で決選投票を行った結果、778票の投票があり、そのうち203票を獲得した「蔵のかけ橋」に決定しました。

この名称には、「半田運河周辺の蔵エリアを中心として、人や場所をつなぐ「かけ橋」となれば」という思いが込められています。

名称決定

【選定の経緯】

・名称募集期間:令和3年10月18日(月曜日)から令和3年11月19日(金曜日)まで

・選定委員会開催日:令和3年12月1日(水曜日)(決選投票の6案を決定)

・決選投票期間:令和3年12月13日(月曜日)から令和4年1月14日(金曜日)まで

開通式について

令和3年3月27日(日曜日)に完成を記念して開通式を実施しました。
開通式当日は、名称募集グランプリの方への目録贈呈やテープカット、3世代夫婦による渡り初めのほか、「半田運河を守る会」による祝い菓子の振る舞いが行われ、約700人の方に参加いただきました。

目録贈呈(名称募集グランプリ)

目録贈呈
半田運河人道橋名称選定委員会委員長の高北 幸矢(たかきた ゆきや)より、名称募集グランプリ小見 律江(こみ のりえ)さんへの目録贈呈

テープカット

テープカット

3世代夫婦による渡り初め

渡り初め
合資会社 松華堂菓子舗の内田家(夫婦3世代)による渡り初め
夫婦3世代による渡り初めは、夫婦が3世代に亘って繋がっているように橋も永続的であってほしい、という願いを込めて実施するのもので、江戸時代から行われているというものになります。

よくある質問

お問い合わせ

建設部都市計画課

電話番号:0569-84-0628

ファックス番号:0569-23-6061

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?