ホーム > 事業者向け情報 > 入札・契約 > 「まんなかホリデー」の取組について

更新日:2022年9月28日

ここから本文です。

「まんなかホリデー」の取組について

~毎月第2土曜日は一斉休工日~

中部ブロックの国や自治体等で構成する「中部ブロック発注者協議会」(会長:中部地方整備局長)では、建設業協会等と協力し、建設業における働き方改革の機運醸成を図るため、2022年7月(県内市町村は10月)から毎月第2土曜日を公共工事の一斉休工日とする「まんなかホリデー」に取り組むことになりました。

建設業は、日常生活や社会経済活動に不可欠な社会インフラの整備、維持管理や災害対応などを担う「地域の守り手」ですが、他産業と比較して労働時間が長く、休日数が少ないことが課題となっています。この取組により、建設業における週休2日の普及を図り、労働環境の改善や将来の担い手の確保につなげていくことをねらいとしています。

1.開始時期

2022年10月

2.実施内容

半田市発注工事受注者に対し、毎月第2土曜日に一斉休工を依頼

(今後、月2回一斉休工など、段階的に取組を拡大していきます。)

3.対象工事

半田市発注の公共工事

(災害対応など緊急性の高い工事や、地元条件や工程上等でやむを得ない工事、少額随意契約工事を除く。)

4.添付資料

「まんなかホリデー」現場掲示用PRチラシ(PDF:814KB)

 

  • 参考1中部ブロック発注者協議会

「公共工事の品質確保の促進に関する法律」第7条第3項及び第21条第4項に基づき、国、特殊法人等及び地方公共団体等の各発注間の協力体制を強化し、中部ブロックにおける公共工事の品質確保の促進を図ることを目的として設置されています。

 

  • 参考2労働基準法による建設業の時間外労働の上限規制の適用

2018年改正の労働基準法が2019年4月から施行されたことにより、時間外労働の上限規制(月45時間・年360時間等)が強化され、違反した場合の罰則(6か月以下の懲役または30万円以下の罰金)も規定されました。建設業においては、この規制の適用が猶予されていましたが、2024年4月からは適用されることとなります。「まんなかホリデー」の取組は、建設業におけるこの変化への対応を促していくものです。

 

お問い合わせ

総務部総務課 契約検査担当

電話番号:0569-84-0614

ファックス番号:0569-23-6061

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。