ホーム > 暮らし・手続き > 直接請求 > 直接請求について

更新日:2019年6月18日

ここから本文です。

直接請求について

地方自治行政は、住民が選挙で選んだ代表者によって運営される間接民主制を原則としていますが、住民が直接これを補完し、住民の意思を実現するための手段として、直接請求制度があります。

直接請求制度の種類

地方自治法の定められている直接請求は、地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する者が一定の連署をもって、その代表者から請求するもので、次のものがあります。

条例制定(改廃)の請求

必要署名数:選挙権を有する者の50分の1以上

請求先:市長

監査の請求

必要署名数:選挙権を有する者の50分の1以上

請求先:監査委員

議会の解散請求

必要署名数:選挙権を有する者の3分の1以上

請求先:選挙管理委員会

議会の議員及び長の解職請求

必要署名数:選挙権を有する者の3分の1以上

請求先:選挙管理委員会

主要公務員の解職請求

必要署名数:選挙権を有する者の3分の1以上

請求先:市長

 

それぞれの直接請求に必要な選挙権を有する者の数に関する告示内容は以下のとおりです。

令和元年6月1日提示登録に伴う告示(PDF:67KB)

 

よくある質問

お問い合わせ

総務部総務課

電話番号:0569-84-0613

ファックス番号:0569-23-6061

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。