ホーム > 健康・福祉 > 健康・健診 > 特別定額給付金について

更新日:2020年8月28日

ここから本文です。

【受付終了】特別定額給付金事業の受付は終了しました

給付対象者1人あたり10万円を給付する「特別定額給付金」について、半田市での申請受付は

令和2年8月27日(木曜日、消印有効)をもって終了いたしました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、郵送又はオンラインによる申請にご協力をいただき、ありがとうございました。

 

特別定額給付金について

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の一つであり、感染症拡大に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うことを目的とするものです。

特別定額給付金の申請はお済みですか?

特別定額給付金(1人10万円の給付金)の申請期限は8月27日(木曜日)です。

期限を過ぎると給付を受けられませんので、申請がお済みでない方はお早めに申請をお願いします。

申請書が届いていない、紛失してしまったなどの場合は、お手数ですが半田市特別定額給付金実施本部(☎0569-84-0600)までご連絡ください。

給付の概要

申請のお手続きについて

本人確認書類と振込先口座確認書類について

配偶者からの暴力を理由に避難している方へ

特別定額給付金に乗じた詐欺にご注意ください!

サポート情報

よくある質問や特別定額給付金に関する問い合わせ先

給付の概要

給付額 給付対象者1人につき10万円

受給権者 その者の属する世帯の世帯主

対象者 基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者

基準日以前に、住民票を消除されていた者で、基準日において、日本国内で生活していたが、いずれの市区町村の住民基本台帳にも記録されておらず、かつ、基準日の翌日以後初めて市区町村の住民基本台帳に記録されることとなった方を含む。

外国籍市民のうち、短期滞在者及び不法滞在者は、住民基本台帳に記録されていないため対象外です。

For Foreigners

 Please refer to the below link,Guide to special cash payments in multiple languages.

Ministry of Internal Affairs and Communications Homepage(外部サイトへリンク)

やさしい日本語(にほんご)の案内(あんない)はこちら→Guide to special cash payments in Easy Japanese(PDF:663KB).

申請のお手続きについて

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、郵送又はオンラインでの申請を基本とし、給付は、原則として、申請者の本人名義の銀行口座への振り込みにより行います。

申請期限は8月27日(木曜日)となりますので、ご注意ください。
 

オンライン申請方式 5月7日(木曜日) 受付開始

マイナンバーカードを所有する世帯主の方で、内閣府が提供する「マイナポータル」を利用できる方が対象となります。

通知カードではご利用いただけませんのでご注意ください。

1.マイナポータル上の特別定額給付金の申請画面から振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請を行ってください。

2.市役所にて申請情報を確認後、概ね3週間以内に指定の金融機関口座にお振込みいたします。

マイナポータル(外部サイトへリンク)

オンライン申請の詳細手順(外部サイトへリンク)

(ご参考)マイナンバーカードと通知カード

マイナンバーカード見本

マイナンバーカード

 

通知カード見本(通知カードではオンライン申請ができません)

通知カード

 

 

 

 

 

郵送申請方式 5月28日(木曜日)受付開始

1.5月27日から数日内にご自宅に届くよう市役所から申請書類を郵送します。

2.届いた書類に所要の事項をご記載、捺印願います。

 ※申請書類にはあらかじめ市役所でわかる情報は印刷されています。

3.申請者(世帯主)本人確認書類と振込先口座を確認できる書類(書類の詳細はこちら)のコピーを申請書の裏面に貼り付け、返信用封筒にてご返送願います。

4.市役所に書類が到達後、概ね3週間以内に指定の金融機関口座にお振込みいたします。

本人確認書類と振込先口座確認書類について

・本人確認書類(写し)(いずれか1点)

マイナンバーカード、住民基本台帳カード運転免許証、旅券、在留カード、

健康保険証、介護保険証、国民健康保険証、後期高齢者保険証、

生活保護受給者証、年金手帳、法人発行の身分証明書(顔写真付き) などの写し

オンライン申請の場合は、マイナンバーカードを持っている方について受け付け、電子署名により本人確認を実施するので、本人確認書類は不要となります。

 

・振込先口座確認書類(写し)(いずれか1点)

金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し

配偶者からの暴力を理由に避難している方へ

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により今お住まいの住所に住民票を移すことができない方は、申出の手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。

  1. 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。今お住いの市区町村に申請を行っていただきます。
  2. 手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

【対象となる配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方の要件】
次の1.~3.のいずれかに該当する方
1.配偶者暴力防止法に基づく保護命令が出されていること
2.婦人相談所による「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」又は、市区町村、民間支援団体等による「確認書」が発行されていること
3.令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの住所に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

申出のお手続きについて

以下の窓口へ「申出書」と所要の添付書類をご提出ください。

詳しくは、総務省ホームページhttps://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/download/(外部サイトへリンク)をご覧ください。

また、ご不明な点は以下の窓口へご相談ください。

「申出書」提出窓口

半田市特別定額給付金事業実施本部(市役所内)

市役所開庁日時平日8時30分から17時15分まで(水曜日は19時15分まで)

土・日曜日、祝日は閉庁日です。

特別定額給付金に乗じた詐欺にご注意ください!

市役所や国から以下の行いを求めることは絶対にありません。

現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること。

受給にあたり、手数料の振込みを求めること。

メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること。

 

怪しいと思ったら新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン、警察署や市役所にご相談ください。

新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットラインについて

新型コロナウイルス感染症対策の給付金等に関連する消費者トラブルの相談を受け付けています。

 

想定される相談例

市役所を名のる電話で、給付金の申請に必要となるので、銀行口座の番号とパスワードを教えるように言われた。

給付の代行を装うサイトからサイト費用と事務手続費用を振り込むように言われた。

 

電話:0120-213-188(「050」から始まるIP電話はつながりません)

相談受付時間:10時~16時(土日祝日含む)

上記時間以降18時までは、国民生活センター(03-3446-1623)で受け付け。

サポート情報

点字データ、音声データ付きリーフレット、手話動画、やさしい日本語については、総務省「特別定額給付金サポート情報」(外部サイトへリンク)をご覧ください。
また、申請に関して、支援が必要な方については、下記の窓口までご相談ください。

障がいをお持ちの方 地域福祉課(半田市役所1階) 電話0569-84-0643

外国籍市民の方 市民協働課(半田市役所3階) 電話0569-84-0609

よくある質問や特別定額給付金に関する問い合わせ先

総務省「特別定額給付金コールセンター」

電話:03-5638-5855

平日の午前9時から午後6時30分まで

総務省「特別定額給付金」(外部サイトへリンク)

総務省「特別定額給付金特設サイト」(外部サイトへリンク)

特別定額給付金Q&A(PDF:459KB)
 


 

よくある質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。