ホーム > 暮らし・手続き > 人権 > 人権相談、人権啓発

更新日:2018年1月22日

ここから本文です。

人権相談、人権啓発

人権相談をご利用ください

半田市では、法務大臣の委嘱を受けた人権擁護委員が、人権啓発、人権相談などを行い、人権思想の普及高揚に努めています。

 相談費用はかかりません。ひとりで悩まず気軽にご相談ください。

人権相談について

人権相談の開催日時、相談内容など

日時

原則 毎月第4月曜日、午後1時30分から午後4時まで

(※詳しくは総務課までお問い合わせください。)

場所

半田市市民交流センター(クラシティ3階)相談室

相談内容

・差別、いじめ、虐待、セクシュアルハラスメント、パワーハラスメントなど人権が侵害されている場合

・結婚、離婚などの家事問題に関すること

・隣近所でのもめごと、困りごとなど

 その他の相談窓口

 名古屋法務局人権相談

 名古屋法務局では、法務局職員や人権擁護委員が人権に関するご相談をお受けしています。

 名古屋法務局人権相談のページ(外部サイトへリンク)

 

現在、名古屋法務局半田支局及び半田人権擁護委員協議会では、東日本大震災による被災者の人権相談にも応じています。

名古屋法務局半田支局・常設人権相談所(PDF:189KB)

常設電話相談について

毎月第4月曜日の人権相談以外にも、電話による相談をお受けします。

全国共通人権相談ダイヤル(みんなの人権110番)

専用電話:0570-003-110(ゼロゼロみんなのひゃくとおばん)

受付時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで

人権啓発を実施しています

学校、イベントでの啓発活動

人を理解し、尊重する心を持つためには、子どもの頃から人権について考える機会を提供することが必要であり、人権擁護委員が、学校や市の行事などで人権教室、街頭啓発を行っています。

人権啓発活動地域ネットワーク協議会での活動

地域に密着した人権啓発活動を総合的、効果的かつ効率的に実施するため、人権擁護委員、法務局、市が連携、協力して地域人権啓発活動活性化事業を行っています。

半田人権啓発活動地域ネットワーク協議会もホームページを開設しています。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部総務課 総務担当

電話番号:0569-84-0613

ファックス番号:0569-23-6061

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る