更新日:2021年8月31日

ここから本文です。

平和事業

広く市民が参加できる事業

「原爆と人間展」の開催

非核世界の実現と恒久平和を願い、毎年、原爆と人間展を開催しています。会場では、感想ノートへのメッセージの寄稿、平和を祈念する折鶴の製作をお願いしています。折鶴は、平和研修に参加する中学生により広島へ届けられています。(令和3年度分は、令和4年度の平和研修参加時に届ける予定です。)

 

●令和3年度の開催スケジュール

<会場・期間>

・半田市役所1階 市政情報コーナー 

 8月2日(月)から8月31日(火)まで

・半田市立博物館 

 7月16日(金)から8月31日(火)まで

 

●令和2年度に寄稿されたメッセージ(一部)

  • この季節になると常に考えさせられる。このことを知っている世代が少なくなっていく現在、決して忘れてはいけない、考えなくてはいけないと。この展示を胸に刻み、語り継いでいかなければと思う。
  • 国と国の間で何があろうと、どんなに相手のことが許せなくても、戦争で解決できることはひとつもない。絶対に戦争を起こしてほしくない。国、自治体の責任は国民の命、財産を守ること。そして、平和に暮らせるようにすること。そのために、私達市民もできることを努力したい。
  • 母方の祖父が長崎の人で戦争体験者でした。毎年夏休みに遊びに行くと、戦争の話や色んな昔話をしてくれて大好きでした。祖父は、いつも昔話をした後に、「絶対にもうあんな事は起こしちゃいけない。」と何度も言っていました。
  • 実際は戦争を体験していないけれど、写真でどれだけひどいことかが伝わってきました。このような資料だけでも残して、後世に伝えていくのが大切だなと思いました。

半田の戦争遺跡見学会

市内に残る赤レンガ建物・望洲楼防空地下室や旧中島飛行機軍用滑走路などの戦争遺跡を戦争体験者の体験談を聴きながら巡ります。

平和を祈念する黙祷

半田市への大規模な空襲があった7月24日午前10時38分、広島に原爆が投下された8月6日午前8時15分、長崎に原爆が投下された8月9日午前11時2分および終戦の8月15日正午に、原爆死没者および戦没者のめい福と恒久の世界平和の実現を祈念するため、サイレンを吹鳴し、黙とうを行っています。

次代を担う若者を対象とした事業

平和ポスターコンクール

児童・生徒に平和への関心を高めていただき、非核・平和についての一層の理解と認識を深めていただくため、平和に関するポスターコンクールを実施しています。

令和2年度入選作品(敬称略)

成岩小学校4年

高橋理仁

乙川小学校5年

近藤杏奈

青山中学校2年

白石煌惺

髙橋さん

近藤

白石さん

平和懇談会

戦争体験者の体験談を聴くことを通して、戦争の悲惨さや平和の尊さを学ぶ機会として、市内小中学生へ出前講座を行っています。

中学生平和研修

市内の中学生が原爆被災都市広島を訪れることにより、核兵器の怖さ、戦争の悲惨さを認識し、平和の尊さや平和を守ることの大切さを学んでいます。(令和2年度及び令和3年度は中止)

核兵器廃絶2021年あいち平和行進

あいち平和行進共同連合会の主催において、日本ならびに核保有国の核兵器禁止条約への参加を訴え行進しました。

令和3年5月31日(月曜日)から6月11日(金曜日)の間に愛知県内を巡回しました。

 

(半田市の予定)

日時:令和3年6月8日(火曜日) 8時30分から

内容:半田市役所をスタートして、新栄町交差点へ歩いて移動し、署名活動や街宣を行いました。


 

よくある質問

お問い合わせ

総務部総務課

電話番号:0569-84-0613

ファックス番号:0569-23-6061

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?