ホーム > 暮らし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 住基カード・公的個人認証(電子証明書)利用について

更新日:2019年1月7日

ここから本文です。

住基カード・公的個人認証(電子証明書)利用について

住民基本台帳カードの発行は平成27年12月28日で終了しました。
住民基本台帳カードを使用した、公的個人認証サービスによる電子証明書の発行は平成27年12月22日で終了しました。

それぞれ発行終了以降は平成28年1月以降にマイナンバー制度に基づく個人番号カードの交付を受けることとなります。

 

住民基本台帳カード(住基カード)

平成28年1月以降、新規発行はいたしません。すでに交付を受けている方については、個人番号カードの交付を受けたとき、または、有効期限の満了日いずれか早いときまで継続して使用することができます。また、記載事項変更等の手続きは引き続き可能です。

手続場所

半田市役所市民課窓口

本人確認資料

本人確認資料と認められるもの

  1. ICカード運転免許証(本籍が空欄のものです。8桁の暗証番号の入力が必要)、QRコード付写真付住基カード(代理人申請の場合など。14桁の照合番号の入力が必要)、在留カード、特別永住者証明書
  2. 非ICカード運転免許証、パスポート、身体障がい者手帳、みなし在留カード、みなし特別永住者証明書など官公署発行の顔写真付の資料
  3. 各種健康保険証、年金手帳、年金証書、医療受給者証など官公署の発行した資料
  4. 郵送による照会書

本人確認の方法

  • 1の資料を1点
  • 2の資料を1点と3または4の資料を1点
  • 3の資料を2点以上と4の資料を1点

※本人確認資料等について、ご不明な点はお電話で市民課までお問合せください。

任意代理人による手続き

手続きをするときに本人作成の委任状が必要です。

また、本人宛で郵送による照会書を送付し、本人の意思確認を行いますので、即日では手続きは完了しません。

公的個人認証サービス(電子証明書)について

電子証明書の新規発行、更新、失効の申請受付は平成27年12月22日で終了しました。パスワードの変更、再設定及び電子証明書のロック解除の申請のみ受付けができます。

申請場所

半田市役所市民課窓口

本人確認資料

官公署発行の写真付身分証明書が必要です。

上記身分証明書がない場合は、郵送による照会書にて確認を行います。

任意代理人による手続き

本人作成の委任状が必要です。

電子証明書のパスワードについて

電子証明書には4桁以上16桁以下でパスワードを設定していただきます。

数字及び大文字アルファベットの使用が可能です。

パスワードロック解除、初期化、変更の申請

電子申請の際に5回連続で誤ってパスワードを入力した場合は、パスワードがロックされ、パスワードロック解除が必要となります。また、パスワードを忘れてしまった場合にはパスワード初期化の申請が必要です。

任意にパスワードを変更する場合は、ご自宅で公的個人認証クライアントソフトで変更が可能です。また、市役所での変更も可能ですが、その場合はパスワード変更申請が必要です。

手続きの際には、電子証明書の発行と同様に本人確認資料の提示が必要です。

任意代理人による手続きの場合は、電子証明書発行の場合と同様の手続きとなります。

申請書等様式

パスワード関係申請書様式(PDF:86KB)

パスワード関係申請書様式(外国人用)(PDF:88KB)

パスワード関係申請委任状様式(PDF:50KB)

その他

市民課で取り扱う電子申請

  • 住民票の写し
  • 戸籍の附票の写し

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部市民課 住民記録担当

電話番号:0569-84-0632

ファックス番号:0569-21-2494

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。