ホーム > まち・環境 > 都市計画 > 土地区画整理事業 > 施行中の土地区画整理事業 > 2019年度分譲宅地の販売(保留地販売)

更新日:2019年6月28日

ここから本文です。

2019年度分譲宅地の販売(保留地販売)

2019年度分譲宅地(保留地)を販売します。(2019年4月1日以降の価格です)

分譲宅地の場所(番号1から11まで)

価格等は下記の表をご覧ください

 乙川中部区画整理区域の地図と販売土地に番号を付記

 

 

保留地販売価格、面積など

No.1 2街区16-1画地

14,832,576円

(187.28平方メートル)

2街区16-1画地

No.2 2街区17-1画地

18,226,494円

(226.98平方メートル)

No.3 2街区17-3画地

15,821,784円

(199.77平方メートル)

2街区17-1画地17-3画地

 

No.4 34-1街区1-2画地

7,316,796円

(124.86平方メートル)

34-1街区1-2画地

No.5 38街区1-1画地

14,198,434円

(219.79平方メートル)

No.6 38街区1-2画地

21,610,752円

(355.44平方メートル)

38街区1-1画地,1-2画地

 No.7 54街区5画地

92,391,195円

(1344.85平方メートル)

54街区5画地

No.8 68街区4-1、3画地

20,138,713円

(250.01平方メートル)

No.9 68街区4-2画地

19,325,773円

(250.01平方メートル)

68街区3画地,4-1画地,4-2画地

No.8の土地については、2区画合わせて販売します。

詳しくはお問い合わせください。

No.10 68街区5-2画地

9,900,828円

(140.04平方メートル)

68街区5-2画地

売約済

No.11 76街区1画地

10,654,600円

(183.70平方メートル)

76街区1画地

 

 

 

土地区画整理事業における保留地とは

土地区画整理事業地区の土地所有者から少しずつ土地を出していただくことにより新たに生み出された土地のうち事業費の一部とする為売却される宅地のことです。

保留地は施行者が売り主となるため、購入における仲介手数料は必要ありません。

また、半田市と保留地ローンに関する協定を締結している金融機関から融資を受けることも可能です。

さらに、建築時期の制限や建築業者の指定などの条件もありません。

先着順での販売となりますので、申込みを随時受付中です。

申込み受付について

場所/半田市役所3階 建設部市街地整備課 窓口

  • 郵送での申込みは受け付けておりません。ご了承ください。 
  • 先着順での販売について、受付開始時点(午前8時30分)でお越しいただいている方はすべて同着受付とさせていただき、同じ保留地に複数の申込みがあった場合は、その場で抽せんを行い買受者を決定します。

申込みに必要なもの

詳しくは案内書(PDF:199KB)をご覧ください。

保留地ローンの協定を提携した金融機関

半田市と保留地ローンに関する協定を締結している金融機関は、以下のとおりです。

株式会社三菱UFJ銀行

半田信用金庫

あいち知多農業協同組合

知多信用金庫

株式会社大垣共立銀行

株式会社名古屋銀行

株式会社愛知銀行

株式会社中京銀行

岡崎信用金庫

西尾信用金庫

住宅金融支援機構

東海労働金庫

碧海信用金庫

融資を受けるための手続きなどの詳細は、直接各金融機関へお問い合わせください。

よくある質問

お問い合わせ

建設部市街地整備課 乙川中部担当

電話番号:0569-22-9302

ファックス番号:0569-23-6061

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。