更新日:2020年7月1日

ここから本文です。

市民参画支援センター

市民参画支援センターは半田小学校内にあります。

現在、はんだまちづくりひろば登録団体の活動場所として、事務室や会議室などが利用できます。利用方法等については、市民交流センターへお問い合わせください。

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、5月31日(日曜日)まで臨時休館としていましたが、6月1日(月曜日)から下記の感染症対策をしたうえで各施設を再開することといたしました。3つの密(密閉、密集、密接)を避け、皆さんが安心してご利用いただけるようご理解とご協力お願いいたします。
万が一、感染が確認された場合、濃厚接触者を特定するため、施設利用の代表者の責任のもと、当日の参加者名簿を作成、保管していただきます。
市民交流センターへの提出は不要

市民参画支援センター利用者向けチェックリスト(PDF:108KB)
施設利用者名簿作成のお願い(PDF:131KB)
参加者名簿PDF(見本)(PDF:43KB)
参加者名簿Excel(見本)(エクセル:12KB)

市民参画支援センター玄関交流スペース

受付け・貸事務室いるかの家

 

【市民参画支援センター貸事務室利用団体】

ハピコミクラブ(外部サイトへリンク)

家庭や職場などのコミュニケーションやリラクゼーション、健康に役立つツールとして、心地よくふれることの有効性や自己肯定感をたかめる会話法などを体験し感じていただくサロンや教室を毎月行っています。主な活動としては、ベビーマッサージ、ラポールタッチ、リフレクソロジー・ヘッドスパ、アロマテラピー、共感的会話、コーチング、チェンジビュー(自己コントロール)などです。


知多地区聴覚障害者支援センター<いるかの家>(外部サイトへリンク)

耳がきこえなくても、人間らしく自分らしく安心して生活できるように支援することを目的としています。主な活動としては、手話通訳派遣のコーディネート、PC筆記、映画の字幕入れ、高齢ろう者対象のデイサービス交流会、聴覚障がい児支援などを行っています。


(特非)共育ネットはんだ(外部サイトへリンク)

出会いと体験を通して子ども達を共に育み、子ども達と共に育ちあうことを活動の理念として、子ども達の自立(自律)につながる活動をしています。

発達障がい児の【スポーツクラブ】【体験学習クラブ】【職場体験クラブ】の運営
【親子で楽しむ戸外活動の運営】

 

(特非)ぱれっと(外部サイトへリンク)

「ひとりひとりが持っている才能を活かし、人と人との絆を結ぶイベントの企画運営」をする市民活動団体です。

育ちあいサポート【ママ&プレママサロン】【夏休み宿題サポート】など
スキルアップサポート【講座開催・手作り品展示販売支援】
出会いサポート【ぷち婚活】

 

ボランティアグループおもちゃ図書館「つみき」(外部サイトへリンク)

半田市社会福祉協議会が設置するおもちゃ図書館「つみき」と付属のおもちゃ病院の運営をしています。

おもちゃであそぶ、おもちゃの貸出【おもちゃ図書館「つみき」】
こわれたおもちゃの修理【おもちゃ図書館附属病院「つみき」】

 

シランダの会(外部サイトへリンク)

外国につながる子どもたちが「言葉の壁」等の困難を乗り越え、日本の社会でいきいきと暮らしていけるように支援しています。

日本語を学びたい児童生徒を対象とした【日本語教室】
日本での生活に必要なことを学ぶ【日本の生活講座】
【各種相談事業】、【多文化共生に関する事業】(適宜開催)

よくある質問

お問い合わせ

企画部市民協働課(市民交流センター)

半田市広小路町155番地の3 クラシティ3階

電話番号:0569-32-3430

ファックス番号:0569-32-3447

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。