ホーム > まち・環境 > 交通 > 公共交通 > 令和3年度半田市公共交通事業維持継続支援補助金について

更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

【申請受付期間は終了しました】令和3年度半田市公共交通事業維持継続支援補助金について

 半田市では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大等を背景に、移動が制限される中で、事業継続に努めてきた市内に本社を有するタクシー事業者及び駅前駐車場事業者に対して、今後の事業継続を目的とした支援事業を実施します。

申請受付期間

令和3年12月20日(月曜日)~令和4年1月28日(金曜日)

補助対象者

  • タクシー事業者

道路運送法(昭和26年法律第183号)第3条第1項ハに該当し、同法第4条第1項の規定に基づき国土交通大臣の認可を受けた一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定は除く。)を営むタクシー事業者

  • 駅前駐車場事業者

鉄道駅から半径300m以内に所在する駐車場を管理し、時間貸事業を営む駅前駐車場事業者

補助対象要件

タクシー事業者及び駅前駐車場事業者 共通

 

  1. 令和3年4月1日時点で市内に本社を有し、かつ市税の滞納がないこと
  2. 令和2年4月1日から申請日まで継続して当該事業を行っており、かつ、今後も継続する意思を有していること
  3. 平成30年度と令和2年度の売上を比較して3割以上減少していること

補助金

  • タクシー事業者

 令和3年4月1日時点で中部運輸局又は愛知運輸支局の許可を受け登録する車両のうち、市内の営業所が保有し、かつ当該事業に使用され実際に稼働している車両1台につき100,000 円

  • 駅前駐車場事業者

 鉄道駅から半径300m以内に所在する駐車場を管理し、時間貸事業を営むにあたって支出する令和3年度固定費(※)の半額

 ※固定費売上の増減にかかわらず発生する一定の費用で、賃料、共益費、またはそれに類する費用として市長が認めたもの

  注意)補助金の支払い回数は、1事業者当たり1回限りとなります。

申請書類

 事業者ごとに指定の書類を市担当窓口へ提出

  • タクシー事業者

 1.半田市公共交通事業維持継続支援補助金交付申請書(様式第1号)

 2.平成30年度から令和2年度までの年間の売上を比較・確認できる書類

 3.道路運送法に基づく運輸局発行の認可証・許可証の写し

 4.営業所にて保有し、かつ実際に稼働する対象車両の車両数が分かる書類(一般乗用旅客自動車運 送事業の最新の事業計画の届出書等※運輸局にて受付されているもの)の写し

 5.当該車両に係る自動車車検証の写し

 

  • 駅前駐車場事業者

 1.半田市公共交通事業維持継続支援補助金交付申請書(様式第1号)

 2.平成30年度から令和2年度までの年間の売上を比較・確認できる書類

 3.支出した固定費または支出予定である固定費の額を示す平成30年度から令和3年度までの支出実績(計画)表(申請する日が属する月の前月までは実績を記載すること)

 4.同期間における固定費の支払いを証明する書類

申請書等の様式

半田市公共交通事業維持継続支援補助金交付申請書(様式第1号)(PDF:311KB)

半田市公共交通事業維持継続支援補助金交付請求書(様式第3号)(PDF:93KB)

よくある質問

お問い合わせ

建設部都市計画課 都市計画担当

電話番号:0569-84-0628

ファックス番号:0569-23-6061

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。