ホーム > 防災・防犯 > 防災・減災 > 助成金 > 感震ブレーカー(簡易タイプ)設置費補助金について

更新日:2016年6月13日

ここから本文です。

感震ブレーカー(簡易タイプ)設置補助金について

※平成28年6月10日追記

補助対象者範囲を拡大しました。詳細は下記にある表を確認ください。

 

南海トラフを震源とする大規模地震の発生が危惧されるなか、愛知県が公表した被害予測において、火災による建物並びに人的被害の発生が予測されています。

大規模地震地震の出火原因の内、多くを占める電気に起因する火災発生を防ぐため、国のガイドライン(性能評価)において一定の効果がある検証されている「簡易タイプ」の感震ブレーカーに対し購入費の一部を補助します。

 

受付

平成28年4月1日(金)から施行しています。

補助対象を拡大した高齢者世帯等につきましても、平成28年4月1日に遡及して受付いたします。取付後に別紙交付申請書兼請求書を提出ください。

補助の対象

感震ブレーカー(簡易タイプ)

主な製品

スイッチ断ボール(株式会社エヌ・アイ・ピー)

感震ブレーカーアダプター「ヤモリ」(株式会社リンテック21)

補助対象者

1.半田市地域防災計画の資料編別表第72に定める火災の延焼拡大するおそれのある地域の居住者及び当該居住者が居住する住宅の建物所有者

2.65歳以上の高齢者のみの世帯に属する者及び当該世帯が居住する住宅の建物所有者

3.半田市心身障がい者手当支給条例(昭和48年半田市条例第16号)第2条に規定する心身障がい者のいる世帯に属する者及び当該世帯が居住する住宅の建物

4.半田市遺児手当支給条例(昭和49年半田市条例第22号)第2条に規定する遺児を養育している世帯に属する者及び当該世帯が居住する住宅の建物所有者

5.その他市長が特に必要と認めた者

補助金額

1,000円(器具の購入費が1,000円未満の場合は、その金額として、100円未満切捨て)

 

補助の流れ

1器具購入・取付⇒2防災交通課へ交付申請書兼請求書の提出⇒申請者へ交付決定通知⇒補助金振込

 

交付申請書兼請求書様式(PDF:169KB)

※領収書等購入に要した金額を証明する書類の原本及び設置前後の写真の添付が必要です。

  

火災の延焼拡大するおそれのある地域

 

住宅密集地域、道路狭隘、消防水利が比較的不便であり、一旦火災が発生した場合、延焼拡大するおそれのある地域

 

地 域 名

所 在 地

有脇町一帯

有脇町6・9・10・11・12・14・15丁目

亀崎高根町一帯

亀崎高根町6・7・8丁目

亀崎町一帯

亀崎町2・3・4・5・6丁目

亀崎月見町4丁目

平地町一帯

平地町1・2・3丁目

飯森町一帯

飯森町

乙川西ノ宮町一帯

乙川西ノ宮町2・3丁目

乙川畑田町1・2丁目

乙川若宮町一帯

乙川若宮町・乙川薬師町1丁目

乙川西ノ宮町1丁目・乙川北側町1・2丁目

乙川高良町一帯

乙川高良町・乙川栄町・乙川内山町

乙川殿町一帯

乙川殿町・乙川市場町1・2丁目

乙川八幡町1・2丁目

岩滑中町一帯

岩滑中町2・6・7丁目

堀崎町一帯

堀崎町1・2丁目・清水東町・榎下町

前崎東町・西新町・住吉町6・7・8丁目

山ノ神町一帯

山ノ神町・新川町・西端町・南本町1丁目

郷中町一帯

郷中町1・2・3丁目・港本町3・4丁目

協和町一帯

協和町1・2丁目・中町1・2丁目

栄町一帯

栄町3・4丁目・成岩本町3・4丁目

春日町一帯

春日町2・3丁目・東郷町2丁目

宮本町2丁目

有楽町一帯

有楽町3・4・5丁目

 

感震ブレーカーチラシ表修正

感震ブレーカーチラシ裏

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部防災交通課

電話番号:0569-84-0626

ファックス番号:0569-84-0640

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る