ホーム > 防災・防犯 > 防災・減災 > 警報・注意報など > 津波警報の発表基準が変わりました。

更新日:2019年6月12日

ここから本文です。

津波警報の発表基準が変わりました。

津波警報の発表基準が変わりました。(平成25年3月7日より)

【津波警報等の情報文の変更の概要】

1.津波警報等の発表基準と津波の高さ予想の区分

1.津波の高さ予想の区分を、現行の8区分から5区分に

2.予想する津波の高さは、津波の高さ予想の区分の高い方の数値を発表

3.地震規模を過小評価と判定した場合は、津波の高さを定性的表現で発表

 

津波警報等の分類毎に発表する津波の高さの表現と津波の高さ予想の区分との関係

2.津波警報等の変更内容

1.津波警報(大津波)、津波警報(津波)は、それぞれ大津波警報、津波警報と表記

2.津波の到達予想時刻は、同一の津波予報区でも大きく違う場合があることを明示

3.地震の規模推定の不確定性が大きい場合の地震規模(マグニチュード)は、「M8を超える巨大地震」と表現

4.津波観測に関する情報において、観測された津波の高さが、予想される津波の高さよりも十分小さい場合は、数値ではなく「観測中」と発表

5.沖合の津波観測に関する情報を、従来の観測情報とは別に新設。沖合の観測値から推定される沿岸での津波の高さは、津波予報区単位で発表し、その高さが予想されている高さよりも小さい場合は、数値ではなく「推定中」で発表

 

沿岸で観測された津波の高さの発表内容(津波観測に関する情報)

 

沖合で観測された津波の高さ、沿岸で推定される津波の高さを数値で発表する基準

(沖合の津波観測に関する情報)

 

○気象庁HPリーフレット「津波警報が変わります」(外部サイトへリンク)

よくある質問

お問い合わせ

総務部防災交通課 防災減災担当

電話番号:0569-84-0626

ファックス番号:0569-84-0640

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?