ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援事業 > 預かり事業(学童保育、幼児一時預かり等) > 幼児教育・保育の無償化実施について(一時預かり・ファミリーサポート)

更新日:2019年10月7日

ここから本文です。

幼児教育・保育の無償化実施について

子育て支援センターでの一時預かり、ファミリーサポートセンター事業を利用するお子様

令和元年10月から、国の幼児教育・保育の無償化に伴い、幼稚園・保育園・認定こども園に通う3歳児から5歳児の保育料の無償化が実施されます。

無償化の実施に伴い、一定の条件のもと、一時預かりや、ファミリーサポートセンター事業の利用料が無償になります。

対象者・利用料

〇認可保育所及び認定こども園(長時間)に入園していない子が対象になります。

〇事前に「施設等利用給付認定の申請」を行い、認定を受ける必要があります。

〇幼稚園等に通っている場合は、月額11,300円を上限に、幼稚園等での預かり保育料を差し引いた額が無償化の対象になります。ただし、通っている園により対象とならない場合がありますので、確認してください。

〇認可外保育施設等のサービスを利用している方で、3歳児クラスから5歳児クラスまでの子どもは、サービスの利用料と合わせて月額37,000円まで、0歳児クラスから2歳児クラスまでの住民税非課税世帯の子どもは、月額42,000円までの利用料が無償化の対象になります。

 

対象となる施設・事業について

〇子育て支援センターで実施している、乳幼児一時預かり事業

〇ファミリーサポートセンター事業のうち、子どもの「預かり」及び「預かりを伴う送迎」

ただし、送迎のみは対象になりません。

対象施設(10月1日公示時点)(PDF:52KB)

 

よくある質問

お問い合わせ

健康子ども部子育て支援課 子育て支援センター

半田市広小路町155番地の3 クラシティ3階

電話番号:0569-22-4188

ファックス番号:0569-32-3447

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。