ホーム > 子育て・教育 > 子育て > ひとり親家庭支援 > ひとり親家庭等自立支援対策事業

更新日:2022年9月20日

ここから本文です。

ひとり親家庭等自立支援対策事業

ひとり親家庭生活ガイドブック

ひとり親家庭の方にご利用いただける各種制度、サービスをまとめた「ひとり親家庭生活ガイドブック」を作成しました。
各種相談窓口、ひとり親家庭の方がもらえる手当、資格取得のための各種制度、お子様の学費等に関することなどを紹介していますので、ぜひご活用ください。

ひとり親家庭生活ガイドブック(PDF:1,635KB)

 

ひとり親家庭等自立支援サポート事業

目的

みなさんの生活状況に応じたきめ細やかな支援を行うため、母子・父子自立支援員を中心に、子育て・生活サポート、就業サポート(子ども含む)、経済的サポート、養育費取得サポートを行います。

実施内容

家庭の状況に合った下記のサービス等の情報を提供しながら、自立に向けた支援計画を一緒に作っていきます。
各事業申請時等の窓口での相談時に面接を行い、個別の自立支援計画を作成していきます。
目標に向けて、定期的に面接等で確認していきます。
困ったときには、電話、メール等で相談をお受けします。

ひとり親家庭のご相談について


【各種事業】

仕事を探したい、仕事につながる資格を身につけたい 介護職員初任者研修を実施します。 資格取得等就業支援事業
就労のための技能を習得するための講座を実施します。(愛知県) 就業支援講習会(愛知県事業)
資格取得のための講座受講料の一部を負担します。 自立支援教育訓練給付金
資格取得就業一時金
国家資格取得のために学校に通う場合の生活費の一部を支払います。 訓練促進給付金(高等職業訓練促進給付金等事業)
修了支援給付金(高等職業訓練促進給付金等事業)
高卒認定試験合格のための講座受講料の一部を負担します。 受講開始時給付金(高等学校卒業程度認定試験合格支援事業)
受講修了時給付金(高等学校卒業程度認定試験合格支援事業)
合格時給付金(高等学校卒業程度認定試験合格支援事業)
高卒認定試験の受験料を負担します。 受験支援給付金(高等学校卒業程度認定試験受験支援事業)
専門の相談員が就労についての相談に乗ります。(愛知県) キャリアカウンセリング事業(愛知県事業)
暮らし・生活の支援について知りたい 家事援助のためのヘルパーを派遣します。 日常生活支援事業
子どもを預けたい ファミリーサポートを利用した場合の利用料の半額を助成します。 ファミリーサポート利用料助成事業
就職活動等の場合に無料で一時預かりを利用できます。 一時預かり事業

仕事を探したい、仕事につながる資格を身につけたい

介護職員初任者研修を実施します。

資格取得等就業支援事業

目的

「安定した仕事につきたい」、「資格を取ってキャリアアップしたい」そんなお父さん、お母さんのお手伝いとして、就業に結びつきやすい講座を開催します。
受講料(テキスト代込み)は無料で、受講後の就業支援も行います。

対象者
  1. 半田市在住のひとり親の方
  2. 指定した講座に全日程出席でき、資格を生かした仕事に就職・転職できる方
講座内容
開講時期 令和4年9月30日(金曜日)~令和5年1月20日(金曜日)
曜日・時間

毎週金曜日

1回目:9時~17時

2回目以降:10時~17時

会場

ニチイ学館半田教室

(半田市岩滑中町4-163榊原ビル2F)

募集定員 5名※定員を超えた場合は選考となります。
申込み期間 令和4年7月1日(金曜日)~令和4年8月31日(水曜日)
取得資格 介護職員初任者研修修了者
注意事項
  • 受講料の無料とは、講座の指定する日時の講義、実習等に出席した場合が該当し、交通費、試験受験用テキスト代、受験料等は含みません。
  • 受講を修了できなかった場合は、やむを得ない事情があると認める場合を除き、市が負担した受講料をお支払いいただきます。

ページのトップへ

就労のための技能を習得するための講座を実施します。(愛知県事業)

就業支援講習会

目的

愛知県では、「安定した仕事につきたい」、「資格を取ってキャリアアップしたい」そんなお父さん、お母さん方のお手伝いとして、就業に結びつきやすい講習を開催しています。

受講料は無料。ただし、教材費等の実費負担があります。

対象者

愛知県に在住のひとり親及び寡婦の方

実施内容等
募集期間
  • 第1回:終了しました。
  • 第2回:終了しました。
  • 第3回:令和4年10月31日(月曜日)~令和4年11月21日(月曜日)

講習の内容

第3回講習(募集期間:令和4年10月31日(月曜日)~令和4年11月21日(月曜日))

講座 期間 場所 定員

仕事に役立つパソコン講習

令和5年2月18日(土曜日)~令和5年3月18日(土曜日)

10時00分~15時40分

ヒューマンアカデミー

花車ビル北館6階研修会場

(名古屋市中村区名駅)

20名

 

 

調剤薬局事務講習

 

令和5年1月18日(水曜日)~令和5年3月1日(水曜日)

10時00分~15時40分

ニチイ名古屋校一宮教室

(一宮市栄)

 

20名

 

令和5年1月28日(土曜日)~令和5年3月18日(土曜日)

10時00分~15時40分

中部コンピュータ・パティシエ専門学校

(豊橋市花園町)

20名

福祉用具専門相談員研修

 

令和5年1月10日(火曜日)~令和5年2月21日(火曜日)

9時00分~18時00分

未来ケアカレッジ名古屋駅前校

(名古屋市中村区椿町)

20名
利用手順
  1. 子ども育成課にて申込みをします。
  2. 愛知県から直接、決定/却下通知が送付されます。
  3. 講座を受講します。
その他

応募者が定員を超えた場合は、抽選となります。

ページのトップへ

資格取得のための講座受講料の一部を負担します。

自立支援教育訓練給付金

目的

「資格を取ってキャリアアップしたい!」そんなお父さん、お母さんの就職・転職のお手伝いをします。

資格を取得するための講座の受講をし、修了した場合に、受講料の6割を助成します。

対象者

半田市在住のひとり親の方であって、次のいずれにも該当する方

  1. 児童扶養手当を受給しているか、同様の所得水準の方
  2. 教育訓練を受けることが適職に就くために必要であると認められる方
  3. 過去に自立支援教育訓練給付金の給付を受けたことがない方
対象講座
  1. 雇用保険制度の一般教育訓練給付の対象となる講座
  2. 雇用保険制度の専門実践教育訓練給付の対象となる講座(専門資格の取得を目指すものに限る。)

該当する講座については厚生労働省のホームページをご覧いただくか、講座の主催者へお問い合わせください。

支給額

受講料の6割

上限20万円。ただし、上記「専門実践教育訓練給付の対象となる講座」については修業年限×40万円とします(上限160万円。)。

利用手順
  1. 子ども育成課にて事前相談をします。(受講したい講座の実施機関・内容・受講料・受講期間の分かるものをお持ちください。)
  2. ハローワークで「教育訓練給付金支給要件回答書」をもらってきてください。
  3. 講座指定の申請をします。
  4. 審査後、決定/却下通知が送付されます(却下された場合、給付金は支給されません。)。
  5. 講座受講の申込みをします。
  6. 講座受講をします。
  7. 講座修了後、自立支援教育訓練給付金支給申請をします。
  8. 指定口座へ給付金が振込まれます。
その他
  • 講座指定決定前の受講申込みはできません。
  • 2万円未満の講座は対象外です。
  • 支給申請は、講座終了後、30日以内にしてくだい。
  • 受講開始日現在において雇用保険法による教育訓練給付の受給資格を有している方も対象となります(その場合、国制度受講料の2割、半田市が4割の合計6割を支給します。)。

ページのトップへ

資格取得就業一時金

自立支援教育訓練給付金を受けて取得した資格を活かして就職・キャリアアップした方に残りの受講料を助成します。

対象者

自立支援教育訓練給付金を受けて資格を取得した方(雇用保険制度の一般教育訓練給付の対象となる講座を受講した場合に限る。)であって、次のいずれかに該当する方

  1. 無職の方で修了日から1年以内に資格を取得し、当該資格の取得日から6か月以内に就職し、かつ、その就労が3か月継続している方
  2. 継続して就労している方で、修了日から1年以内に資格を取得し、当該資格の取得日から1年以内に資格取得により昇給した、資格手当がついたなど待遇が上がった方
支給額

受講料から自立支援教育訓練給付金を差し引いた残りの額

自立支援教育訓練給付金と合わせて50万円を限度とします。

その他

  • 修了日から就業日までに市外に転出した場合は、支給されません。
  • 支給申請は、受給資格を得てから30日以内にしてください。

ページのトップへ

国家資格取得のために学校に通う場合の生活費の一部を支払います。

訓練促進給付金(高等職業訓練促進給付金等事業)

目的

「看護師や介護福祉士などの国家資格を取りたい」などで養成機関に1年以上修業する場合に、修業する期間中に毎月給付金を支給することにより、資格の取得をサポートし、よりよい就職のための支援をします。

対象者

半田市在住のひとり親の方であって、次のいずれにも該当する方

  1. 児童扶養手当の支給を受けているか、または同様の所得水準にあること。
  2. 養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれること。
  3. 就業又は育児と修業の両立が困難であると認められる方であること。
  4. 過去に高等職業訓練促進給付金の給付を受けたことがないこと。

3.対象資格

1.看護師

2.准看護師

3.保育士

4.介護福祉士

5.作業療法士

6.理学療法士

7.歯科衛生士

8.美容師

9.社会福祉士

10.製菓衛生師

11.調理師

12.その他市長が必要と認めた資格

修業形態については、原則通学制とします。

支給対象期間及び支給額
  1. 支給対象期間:養成機関が定める修業期間(上限4年間)
  2. 支給額

最終学年以外の学年

市民税非課税世帯

市民税課税世帯

100,000円/月

70,500円/月

最終学年

市民税非課税世帯

市民税課税世帯

140,000円/月

110,500円/月

利用手順
  1. 事前相談をします。
  2. 高等職業訓練促進給付金支給申請をします。審査後、決定/却下通知が送付されます(却下された場合、給付金は支給されません。)。
  3. 養成機関に通学します。
  4. 毎月5日までに、請求書兼修業報告書を提出します。
  5. 指定口座へ給付金が振り込まれます。
その他
  • 支給申請は、修業を開始しした日以後にできます(申請前に必ず事前相談をしてください。)。
  • 訓練促進給付金は、月を単位として支給し、支給申請のあった日の翌月から振り込まれます。

ページのトップへ

修了支援給付金(高等職業訓練促進給付金等事業)

訓練促進給付金を受けて養成機関を修了した方に一時金を支給します。

対象者
  1. 児童扶養手当の支給を受けているか、または同様の所得水準にあること。
  2. 訓練促進給付金を受けて養成機関を修了した方であること。
支給額
  • 市民税非課税世帯50,000円
  • 市民税課税世帯25,000円
利用手順
  1. 高等職業訓練終了支援給付金支給申請をします。
  2. 審査後、決定/却下通知が送付されます(却下された場合、給付金は支給されません。)。
  3. 指定口座へ給付金が振り込まれます。
その他

支給申請は、修了日から30日以内にしてください。

ページのトップへ

高卒認定試験合格のための講座受講料の一部を負担します。

受講開始時給付金(高等学校卒業程度認定試験合格支援事業)

目的

より良い条件での就職や転職の可能性を広げるため、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)合格のための講座を開始した場合に受講料の3割を支給します。

対象者

半田市在住のひとり親の方またはその子(20歳未満)であって、次の全てに該当する方

  1. ひとり親家庭の親が児童扶養手当を受給しているか、同様の所得水準の方であること。
  2. 高卒認定試験に合格することが適職に就くために必要であると認められる方であること。
  3. 過去に高等学校卒業程度認定試験合格支援事業の給付を受けたことがない方であること。
支給額

受講料の3割

上限7万5千円

利用手順
  1. 子ども育成課にて事前相談をします。(受講したい講座の実施機関・内容・受講料・受講期間の分かるものをお持ちください。)
  2. 講座指定の申請をします。
  3. 審査後、決定/却下通知が送付されます(却下された場合、給付金は支給されません。)。
  4. 講座受講の申込みをします。
  5. 講座受講をします。
  6. 開始後、受講開始時給付金支給申請をします。
  7. 指定口座へ給付金が振込まれます。
その他
  • 講座指定決定前の受講申込みはできません。
  • 支給申請は、受講開始日から30日以内にしてくだい。

受講修了時給付金(高等学校卒業程度認定試験合格支援事業)

高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)合格のために講座を受講し、修了した場合に受講料の4割から受講開始時給付金を差し引いた額を支給します。

支給額

受講料の1割

受講開始時給付金と合わせて上限10万円

利用手順
  1. 講座修了後、受講修了証明書を受け取ります。
  2. 受講修了時給付金支給申請をします。
  3. 審査後、決定/却下通知が送付されます(却下された場合、給付金は支給されません。)。
  4. 指定口座へ給付金が振込まれます。
その他
  • 支給申請は、講座終了日から30日以内にしてくだい。

ページのトップへ

合格時給付金(高等学校卒業程度認定試験合格支援事業)

受講修了時給付金を受けた方で、受講終了日から2年以内に高卒認定試験の全科目に合格した場合に給付金を支給します。

支給額

受講料から受講修了時給付金を差し引いた残りの額

上限額は、受講修了時給付金と合わせて50万円

利用手順
  1. 講座修了後、高卒認定試験を受験します。
  2. 高卒認定試験を合格し、合格証書を受け取ります。
  3. 合格時給付金支給申請をします。
  4. 審査後、決定/却下通知が送付されます(却下された場合、給付金は支給されません。)。
  5. 指定口座へ給付金が振込まれます。
その他
  • 講座の修了日から2年以内に高卒認定試験の全科目に合格した方である必要があります。
  • 合格時給付金支給の申請は、合格証書送付後40日以内にしてください。
  • 講座を受けずに高卒認定試験の受験をした方は、対象となりません。

ページのトップへ

高卒認定試験の受験料を負担します。

受験支援給付金(高等学校卒業程度認定試験受験支援事業)

講座を受講せずに独学で、高卒認定試験に合格した場合に給付金を支給します。

対象者

半田市在住のひとり親の方またはその子(20歳未満)であって、次の全てに該当する方

  1. ひとり親家庭の親が児童扶養手当を受給しているか、同様の所得水準の方であること。
  2. 高卒認定試験に合格することが適職に就くために必要であると認められる方であること。
支給額

全科目合格した時とその直前の2回分の受験料

利用手順
  1. 事前相談をします。
  2. 高卒認定試験を受験します。
  3. 高卒認定試験を合格し、合格証書を受け取ります。
  4. 受験支援給付金支給申請をします。
  5. 審査後、決定/却下通知が送付されます。却下された場合、給付金は支給されません。
  6. 指定口座へ給付金が振込まれます。
その他
  • 受験支援給付金支給の申請は、合格証書送付後40日以内にしてください。
  • 支給額は、支給対象者が高卒認定試験のために本人が支払った受験料です。
  • 講座の受講をして高卒認定試験の受験をした方は、対象となりません。

ページのトップへ

専門の相談員が就労についての相談に乗ります。(愛知県事業)

キャリアカウンセリング事業

目的

愛知県では、ひとり親及び寡婦の方を対象にキャリアカウンセリング事業を実施しています。

職歴や適性・希望に応じて、職業・生活設計を行い、計画的にスキルアップしていくために、専任の就業支援専門員が就職についての相談に応じ、就職の悩みに具体的なアドバイスをします。

詳細については、こちらをご覧ください。

愛知母子・父子福祉センターホームページ(外部サイトへリンク)

対象者

愛知県に在住のひとり親及び寡婦の方

実施場所

半田市役所(就業支援専門員が市役所へ派遣されます。)

利用手順
  1. 子ども育成課へ電話などで、キャリアカウンセリングの予約を取りたい旨をお伝えください。
  2. 予約日を決定します(当日にご持参いただく書類がある場合はその旨をお伝えします。)。
  3. 予約日に必要書類を持って市役所にお越しください。

ページのトップへ

暮らし・生活の支援について知りたい

家事援助のためのヘルパーを派遣します。

日常生活支援事業

目的

修学、疾病等の理由により、一時的に日常生活の支援を必要とするひとり親家庭の方に、家庭生活支援員(ヘルパー)を派遣し、生活の安定をサポートします。

対象者

半田市在住のひとり親の方であって、次のいずれかに該当する方

  1. 技能取得のための通学、疾病、冠婚葬祭、出張、学校等の公的行事の参加等社会通念上必要と認められる事由により、一時的に生活援助が必要な方
  2. 生活環境の激変により、日常生活を営むのに特に支障が生じている方
実施内容

生活援助(家事、介護その他の日常生活の支援)

利用手順
  1. 子ども育成課にて事前相談をします。(生活状況等の聴き取りをさせていただきます。)
  2. 家庭生活支援員(ヘルパー)の派遣申請をします。
  3. 審査後、決定/却下通知が送付されます(却下された場合、派遣されません。)。
  4. ご自宅に家庭生活支援員が派遣されます。
利用者負担

利用世帯区分

負担額

生活保護世帯、市民税非課税世帯

0円/時間

児童扶養手当支給水準の世帯

150円/時間

上記以外の世帯

300円/時間

ページのトップへ

子どもを預けたい

ファミリーサポートを利用した場合の利用料の半額を助成します。

ファミリーサポート利用料助成事業

目的

「放課後に子どもを預かってほしい」、「都合の悪いとき、保育園や放課後児童クラブへの送り迎えをしてほしい」、「ハローワークに行く間、子どもを預かってほしい」など、ファミリーサポートを利用し、地域の方にお子さんを預かってもらうことができます。利用した場合に支払った報酬金額の半額を助成することでみなさんを応援します。

対象者
  1. 半田市在住で、0歳から小学6年生までのお子さんがみえるひとり親の方
  2. 児童扶養手当を受給しているか、同様の所得水準の方
助成額

1か月の利用料の半額

上限額は、1万円+第2子目以降のお子さんの人数×5,000円

利用手順
  1. ファミリーサポート会員に登録します。(すでに登録済の方は必要ありません。)
  2. ファミリーサポートの利用料助成事業の申請をします。
  3. 後日、決定/却下通知が送付されます。
  4. ファミリーサポート事業を利用します。
  5. 翌月5日までに、「援助活動報告書」のコピーと「助成金交付請求書」を提出します。(毎月手続きが必要です。)
  6. 指定口座へが助成金が振り込まれます。
その他
  • 利用の前に子ども育成課窓口で申請が必要です。
  • 資格取得等就業支援事業(介護職員初任者研修)の講座の受講をする時も利用できます。
  • 実費(食費・ガソリン代及びキャンセル料)相当額は、助成の対象外です。
【ファミリーサポート事業とは…】
目的

地域で子育てを助けあう事業です。

育児の手助けがほしい「依頼会員」と、手助けしたい「援助会員」をマッチングします。

対象者

市内在住・在勤・在学で0歳から小学校6年生のお子さんがみえる保護者

依頼会員から援助会員へ支払う報酬金額(利用者負担)

平日(1時間当たり)

土・日・祝日・年末年始(1時間当たり)

7時00分~19時00分

600円

7時00分~19時00分

700円

上記以外の時間

700円

上記以外の時間

800円

登録手続

事前に会員登録や講習会の参加が必要です。会員の登録は、ファミリーサポートセンター(クラシティ3階)で行います。登録手続きに30分程度時間が必要です。

入会金500円と保護者の写真(3cm×2cm)2枚をご用意ください。

ページのトップへ

就職活動等の場合に無料で一時預かりを利用できます。

一時預かり事業(予約制)

目的

「ハローワークに行く間、子どもを預かってほしい」、「会社に面接を受けに行く間、子どもを預かってほしい」「資格を取るために講座を受けたいが、子どもの預け先がない」など、就職のための活動を行う場合に、子育て支援センター(クラシティ3階)の一時預かり(託児)の利用料を免除することでみなさんを応援します。

対象者

半田市在住で、生後6か月から就学前のお子さんがみえるひとり親の方。

利用手順
  1. 一時預かりの申請をします。
  2. 後日、決定/却下通知が送付されます。
  3. 決定後、許可証が発行されます。
  4. 電話等で、利用したい日時をご連絡ください。
  5. 子育て支援センターに予約をしていただきます。
  6. 一時預かりを利用します。
その他
  • 利用予約の前に子ども育成課窓口で申請が必要です。
  • 予約は、利用しようとする日の1か月前から前日まで受け付けます。
  • 1歳未満児(乳児)の預かり時間は最長4時間までです。
  • 資格取得等就業支援事業(介護職員初任者研修)の講座の受講をする時も利用できます。
  • 利用時に許可証を提示してください。
  • 許可証に就職活動等の実施確認のため訪問先等の名称及び担当者名の記入が必要です。

ページのトップへ

よくある質問

お問い合わせ

子ども未来部子ども育成課 児童福祉担当

電話番号:0569-84-0658

ファックス番号:0569-84-0610

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。