ホーム > 「半田市総合計画条例(案)」に係るパブリックコメント手続について

更新日:2019年4月3日

ここから本文です。

「半田市総合計画条例(案)」に係るパブリックコメント手続について

「半田市総合計画条例(案)」に係るパブリックコメント手続について、以下のとおり実施します。

※「半田市総合計画条例(案)」に係る意見の受付は終了しました。

意見募集案件

案件名

半田市総合計画条例(案)

募集期間

平成31年3月1日(金曜日)から3月31日(日曜日)

担当課

企画部企画課

意見募集の趣旨

わが国は、人口減少や超高齢社会の到来という、これまでに経験したことのない時代を迎えようとしています。本市においても例外ではなく、少子高齢化を背景とした多くの課題を解決し、将来にわたって活力あるまちづくりを推進していかなければなりません。そのためには、引き続き、市の将来の方向性を示す総合計画を長期的な視点で策定し、それに沿って総合的かつ計画的な市政の運営を図っていく必要があります。

現行の第6次総合計画は平成32年度を以て計画期間が満了しますが、平成23年の地方自治法の一部改正により、総合計画(基本構想)の法的な策定義務がなくなり、策定及び議会の議決を経るかどうかは自治体の判断に委ねられることになりました。そのため、次期総合計画の策定にあたり、本市における総合計画の位置付け等について整理する必要が生じています。

本条例は、本市における総合計画の位置付けを明らかにするとともに、総合計画の策定に必要な事項を規定するものです。

つきましては、案の段階での条例を公表し、市民等の皆さんからの意見等を募集します。提出いただいた意見等は、これに対する市の考え方とともに整理した上で公表することとしています。そのため、個々の意見等に直接回答はいたしませんので、あらかじめご了承願います。

資料

資料

半田市総合計画条例(案)(PDF:48KB)

半田市総合計画条例(案)の概要

(1)総合計画は、基本構想、基本計画及び実施計画で構成されるものです。

(2)総合計画を市の最上位の計画と位置付けます。

(3)総合計画の計画期間を、それぞれ以下のとおりとします。

1.基本構想 10年

2.基本計画 10年

3.実施計画 3年(ローリング方式により毎年度策定する。)

(4)基本構想の策定又は変更にあたっては、あらかじめ半田市総合計画審議会に諮問します。

(5)基本構想の策定又は変更にあたっては、市議会の議決を経るものとします。

閲覧方法 

半田市総合計画条例(案)は下記の場所で閲覧できます。

【閲覧期間:平成31年3月1日(金曜日)から3月31日(日曜日)】(各施設の閉庁日・休館日を除く)

  • 半田市役所1階(意見募集コーナー)、企画課

(午前8時30分~午後5時15分。ただし、水曜日は延長オープンのため、午後7時15分まで)

  • 市民交流センター(午前9時~午後10時)
  • 乙川交流センターニコパル(午前9時~午後9時)
  • 図書館・博物館(午前10時~午後7時)
  • 雁宿ホール(午前9時~午後10時)
  • 各公民館(有脇、亀崎、乙川、上池、岩滑、板山、成岩、神戸)

なお、休館日、開館時間は各公民館によって異なります。

意見の提出方法

提出方法

郵送  〒475-8666 半田市東洋町2-1 半田市企画課
FAX 0569-25-2180
電子メール kikaku@city.handa.lg.jp
直接提出 企画課

提出様式

※賛否の結論だけを示したものや今回の条例と直接関係がないもの、住所、氏名等の記入のないものについては受け付けできません。電話による意見提出は受け付けできません。

※PDF形式のファイルを開くにはAdobeReaderが必要です。お持ちでない方はAdobe社から無償ダウンロードできます。PDF形式ファイルの閲覧方法についてをご覧ください。


よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部企画課

電話番号:0569-84-0605

ファックス番号:0569-25-2180

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る