ホーム > 市政情報 > 広報 > カメラレポート > カメラレポート2014年9月

更新日:2014年9月28日

ここから本文です。

カメラレポート2014年9月

カメラでとらえた行事やイベントなどをご紹介します。

今年(2014年)一年間のカメラレポートは、サイト内「カメラレポート」をご覧ください。

9月29日(月曜日)「漫才コンビの“ホンキートンク”が真打の昇進報告

ホンキートンクが真打昇進報告

漫才コンビ“ホンキートンク”が、真打に昇進したことを受け、市長室を訪れました。

この日訪れたのは、亀崎出身の“弾(だん)”さんこと間瀬範彦さん。1992年に星セント・ルイスの星セントさんに弟子入りし、現在では、ロケット団、ナイツ、宮田陽・昇を加えた4組で「漫才協会の四天王」と呼ばれ、寄席を中心に東京で活躍されています。

弾さんは、「これからがスタート。寄席という伝統芸能を、もっと色々な人に知ってもらいたい」と話しました。

9月29日(月曜日)「半田市地域見守り活動に関する協定の締結

地域見守り協定(半田市シルバー人材センター)

半田市シルバー人材センターと「地域見守り活動に関する協定」を締結しました。

この協定は、孤立死の未然防止や、認知症で徘徊する住民などの異変を早期発見・早期対応を行うことで、地域における見守り活動を進めていこうとするものです。既に市では、地元の金融機関や新聞販売店など多数の事業所と同様の協定を結んでいます。

当センター会長らを前に、市長は「市民の安心・安全のため、非常に心強いです」と感謝の意を表しました。

9月28日(日曜日)「ごんの秋まつり」

ごんの秋まつり

童話作家「新美南吉」が生まれ育ち、童話の舞台になった岩滑地区。矢勝川堤や新美南吉記念館を中心とした地域で「ごんの秋まつり」(10月5日まで)が開催されています。

彼岸花の開花は、例年に比べて少し早く、ピークは若干過ぎているようですが、それでも花々が矢勝川堤を真っ赤に染めています。

なお、イベント情報について詳しくは、半田市観光協会ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

9月24日(水曜日)「バスケットボールで全国大会へ出場!」

バスケットボールで全国大会へ出場

 

第14回全国障がい者スポーツ大会「長崎がんばらんば大会2014」(11月1日~3日)への出場を決めた伊藤竜星くん(半田特別支援学校桃花校舎3年)が市長室を訪れました。

伊藤くんは、身長181センチ。愛知FIDバスケットボールに所属し、社会人も含めた数回に及ぶ選考を経て、見事、愛知県代表選手に選抜されました。

市長を前に「自分のできることを出し切って、優勝目指して頑張りたい」と意気込みました。

9月24日(水曜日)「ボランティア活動で愛知県から功労者表彰

ボランティアで愛家県から表彰

 

半田災害支援ボランティアコーディネーターの会が、愛知県から平成26年度ボランティア活動功労者表彰を受賞したことを受け、市長室を訪れました。

この日、訪れたのは会長の廣江好矩さんと副会長の加藤幸弘さん。会のメンバーは、日ごろから、地域での防災教育や家具転倒防止器具の取付支援のほか、これまで800人を超える地域の防災リーダーを養成し、半田市の防災のまちづくりに大いに貢献していただいています。

廣江さんは「これからも活動をつづけ、防災意識を高めていきたい」と話しました。

9月20日(土曜日)「かいどり大作戦」

かりどり大作戦

 

大洞池(亀崎大洞町)で、地元の子どもたちら420人が、魚などを捕まえる「かいどり大作戦」を行いました。

この催しは、ため池をきれいにすることを目的に、池の水を抜いた後に外来魚などの駆除や生き物の生態調査をするもので、地域の「有脇の農地・水・緑を守る会」が、毎年1か所ずつ実施しているものです。

今年も、子どもたちは泥だらけになりながらも、網やバケツを使って250匹もの魚を捕まえました。

9月18日(木曜日)「コマで世界大会へ出場!」

コマで世界大会へ出場

全日本製造業コマ大戦の中部予選を勝ち抜き、世界コマ大戦への出場を決めた有限会社カジミツ代表の松宮さんら3人が市長室を訪れました。

3週間知恵を振り絞って作ったという松宮さんのコマは、コマを回すと遠心力により4枚の羽根が広がるのが特徴で、その名は「ぶっ飛ばし君風林火山」。9県で競う中部予選では、見事88チームの頂点に立ちました。

2月に横浜で開催される世界大会への抱負を聞かれると、「世界一になるまたとないチャンスなので、頑張りたい」と意気込みました。

9月11日(木曜日)「長寿訪問」

長寿訪問事業

敬老の日(9月15日)を前に、市長や市議会議長などが市内の高齢者を訪問し、祝金などを贈り、長寿を祝いました。

今年の対象者は、数え年100歳以上の66人、99歳の34人、88歳の421人で、市内最高齢者は、数え年108歳の米持みずさん(椎ノ木町)でした。

市長が米持さんの住む施設を訪れ、長寿の秘訣を聞くと「それは歌を歌ったり、周りの人と笑いながらよくおしゃべりすること」と笑顔で答えました。

9月10日(水曜日)「詩吟で全国大会へ出場!」

詩吟で全国大会へ出場

第69回第一部吟士権者決定詩吟大会(兵庫県尼崎市)への出場を受け、佐藤瞳さんが市長室を訪れました。

本大会は、全国から30歳代~74歳までの約200人が出場し、指定された10曲から1曲を選曲して、競い合います。

市長に抱負を聞かれると「普段、毎日2時間練習しています。その成果を発揮して、賞をとれるよう頑張りたい」と意気込みました。

9月10日(水曜日)「剣道で全国大会へ出場!」

剣道で全国大会へ出場

第32回全国道場対抗剣道大会(宮崎県宮崎市)への出場を受け、藤堂文太くん(成岩小学校5年)が市長室を訪れました。

この大会は、先方は小学生、次鋒は中学生、中堅は25歳…と5人制による団体戦で、修徳館日比野道場(東海市)に所属する藤堂くんは、先方として出場します。

市長に抱負を聞かれると「全戦全勝して、優勝目指して頑張りたい」と力強く答えました。

9月7日(日曜日)「二ツ坂カーニバル」

二ツ坂カーニバル

二ツ坂カーニバル(歩行者天国)

半田図書館前通りで「二ツ坂カーニバル」が開催され、1万人を超える来場者で賑わいました。

このイベントは、二ツ坂Avenue(半田図書館前通り商店街)が主催し、今年で3回目となります。

歩行者天国となった図書館前通りには、ステージイベントやフードコーナーなど様々なブースが設けられ、イベント終盤にはパレードや花火が打ち上げられるなど、大盛況のうちに幕を閉じました。

 

 

よくある質問

お問い合わせ

企画部企画課 広報情報担当

電話番号:0569-84-0603

ファックス番号:0569-25-2180

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る