ホーム > 市政情報 > 広報 > カメラレポート > カメラレポート2014年7月

更新日:2014年9月6日

ここから本文です。

カメラレポート2014年7月

カメラでとらえた行事やイベントなどをご紹介します。

今年(2014年)一年間のカメラレポートは、サイト内「カメラレポート」をご覧ください。

7月30日(水曜日)「南吉さん、101回目のお誕生日おめでとう!」

 

南吉さん、101回目のお誕生日おめでとう!1

南吉さん、101回目のお誕生日おめでとう!2

南吉さんの101回目の誕生日を祝し、新美南吉記念館で生誕祭が開催されました。

式典では、誕生日の名称を「南吉さんの日」と命名した鈴村陽菜さん(有脇小5年)への表彰や、老舗和菓子店「松華堂」による特製ケーキの披露、ガーベラの花200本の献花など、大勢の来館者に見守られながら盛大に101回目の誕生日をお祝いすることができました。

なお、生誕祭は8月3日(日曜日)まで開催され、期間中、南吉記念館の入館料は無料です。詳しくは、新美南吉記念館ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

7月28日(月曜日)「軟式野球で全国大会へ出場!」

軟式野球で全国大会へ出場!

第14回15U全国KB野球選手権大会への出場を決めたことを受け、ホワイトベアーズに所属する磯谷昴司くん(乙川中学校3年)と山崎大樹くん(乙川中学校3年)が市長室を訪れました。

ホワイトベアーズは、東浦を拠点に知多半島と西三河の中学生約60人が所属し、5月末に行われた県大会で見事優勝を果たし、全国への切符を手にしました。

市長に抱負を聞かれると「過去に先輩たちが準優勝しているので、その記録を塗り替えられるよう全国制覇したい」と力強く答えました。

7月24日(水曜日)「少年消防クラブ半田消防署一日入署」

少年消防クラブ半田消防署一日入署1

少年消防クラブ半田消防署一日入署2

市内13小学校の5・6年生で構成される少年消防クラブ員78人が、半田消防署へ一日入署をしました。

この催しは、知多中部広域事務組合消防本部による夏休み恒例企画です。

子どもたちは、消防署の施設見学をした後、倒壊家屋救助や放水体験、起震車「なまず号」による地震体験などをし、消防業務について楽しく学びました。

7月23日(火曜日)「少年野球で全国大会へ出場!」

少年野球で全国大会へ出場!

第45回日本少年野球選手権大会への出場を決めたことを受け、東海ボーイズに所属する近藤侑裕くん(亀崎小学校5年)が市長室を訪れました。

近藤くんは、サードを守り、右投げ左打ちの3番バッター。好きな選手は、中日ドラゴンズの大島選手とのこと。

市長に抱負を聞かれると「最後まであきらめずに力を振り絞って頑張りたい」と力強く答えました。

7月23日(火曜日)「バレーボールで全国大会へ出場!」

バレーボールで全国大会へ出場!

全日本6人制バレーボールカップ男子選手権大会への出場を決めたことを受け、伊勢茶Winsに所属する田中一彰さんが市長室を訪れました。

田中さんは、ソシオ成岩スポーツクラブでアシスタントコーチも務め、チームではサイドアタッカーとして活躍しています。

昨年の秋の大会で全国優勝をしている田中さん。市長を前に「優勝を前提にずっと練習をしてきた。頑張りたい」と意気込みました。

7月17日(木曜日)「ミッドランド市への派遣高校生3人が、市長へ出発あいさつ」

ミッドランド市への派遣高校生3人が、市長へ出発あいさつ

7月23日~8月13日の3週間、半田市の姉妹都市であるアメリカのミシガン州ミッドランド市へ派遣される高校生3人が市長室を訪れ、出発あいさつをしました。

この日訪れたのは、間瀬敬太郎くん(南山高校1年)、川合里穂さん(半田高校2年)、松本英李さん(半田高校1年)。3人は一週間ずつ、計3家族のホームステイをし、ミッドランド市長への表敬訪問や議会でのスピーチ、各種イベントへの参加を通じて、多くの関係者と交流を深めます。

7月17日(木曜日)「伝統工芸の全国作品展で会長賞を受賞!」

伝統工芸の全国作品展で会長賞を受賞!

山田房江さん(板山町)が、第43回伝統工芸江戸木目込人形全国作品展で会長賞を受賞したことを受け、市長室を訪れました。

この作品展は、東京木目込人形師範会が主催し、今回1,162名もの応募の中から、山田さんの作品が全国の頂点に立ちました。

山田さんは、「人形の制作をし始めたのは、過去の生涯学習講座がきっかけ。とても光栄です。また次の作品でも頑張りたい」と喜びを語りました。

7月17日(木曜日)「半田高校放送部と山岳部が全国大会へ!」

半田高校放送部と山岳部が全国大会へ!

半田高校放送部と山岳部の生徒6人が、全国大会へ出場することを受け、市長室を訪れました。

放送部の永田将禎くんは、7月下旬に東京で開催される全国大会の創作テレビ部門に部員6名と出場します。副市長を前に「作った作品が良い結果となるよう期待したい」と話しました。

また、山岳部の都築舞音さん、下岡美結さん、村瀬未帆さん、内山結希子さんの4人は、8月に箱根山塊で開催される全国大会に出場します。副市長を前に「2回目の出場となる今年は、経験を活かして頑張りたい」と抱負を話しました。

7月15日(火曜日)「ソフトバレーで全国大会出場!」

ソフトバレーボールで全国大会出場!

第25回全国ソフトバレーファミリーフェスティバルin船橋(8月8日~10日)へ出場することを受け、市内で活動する「グッピー・ファミリー」に所属する6人が市長室を訪れました。

この日訪れたのは、辻本さんご家族(匡さん、愛美さん、竜矢くん)、花井紫音くん、新美さんご夫婦(勇さん、忍さん)。愛知県での予選を勝ち抜き、全国への切符を手にしました。

市長に大会への抱負を聞かれると「初めての大会だけど、優勝目指して頑張りたい」と笑顔で応えました。

7月15日(火曜日)「野球(リトルシニア)で全国大会出場!」

野球(リトルシニア)で全国大会出場!

日本リトルシニア第5回林和男旗杯国際野球大会兼東北連盟創立40周年記念全国選抜野球大会に出場することを受け、米持光くん(乙川中学校2年)が市長室を訪れました。

米持くんは、愛知衣浦リトルシニアに所属し、地区大会となる東海大会で見事優勝を果たし、今大会への出場権を手にしました。

サードのレギュラーとして「肩には自信がある」と話す米持くん。全国での活躍が期待されます。

7月14日(月曜日)「半田農業高校で初!育てた子牛が最高値賞!」

半田農業高校で初!育てた子牛が最高値賞!

半田農業高校の生物工学科動物コースに通う生徒10人が、出品した子牛が新城家畜市場において最高値賞を受賞したことを受け、市長室を訪れました。

今回の受賞は、民間の農家も数多くする中、農業高校の出品した月齢11か月の「ぼんたん」(雌)が全213頭の中で最も高い取引価格(675,000円。平均は534,452円)を打ち出し、半田農業高校としては初の受賞となりました。

訪れた生徒たちは「生まれた時から見てきた牛なのでとても嬉しい。先生たちの指導のおかげ」と喜びを語りました。

7月14日(月曜日)「水泳で全国大会出場!

水泳で全国大会出場!

とびうお杯第29回全国少年少女水泳競技大会への出場を決めたことを受け、コパンスイミングスクールに所属する榊原涼太くん(亀崎小学校6年)が市長室を訪れました。

全国大会は、8月2日・3日に静岡県浜松市で開催され、涼太くんは100メートル背泳ぎでの出場となります。

市長に抱負を聞かれると「全国の舞台で、自己ベストを出して頑張りたい」と笑顔で答えていました。

7月8日(火曜日)「半田商業高校から、文芸・簿記・珠算・フードグランプリ・体育大会で全国へ!」

半田商業高校から、文芸・簿記・珠算・フードグランプリ・体育大会で全国へ!

半田商業高校に通う生徒7人が全国大会へ出場することを受け、市長室を訪れました。

訪れたのは、成田有芽香さん(全国総合文化祭/文芸部門)、國枝むつみさん(全国簿記コンクール)、三浦千尋さん(全国珠算競技大会)、鹿取大悟くん、松本隼人くん、山田廉くん(商業高校フードグランプリ)、武井晴加さん(定時制通信制体育大会)の7人。

市長は、「7人もの生徒が全国大会へ出場することを誇らしく思います。良い結果をまた報告しに来てください」と激励しました。

7月6日(日曜日)「蔵のまち七夕の節句」

蔵のまち七夕の節句

半田運河・蔵のまちエリアで、はんだ蔵のまち七夕の節句が開催されました。

今年は、酢を使った七夕寿司や醸すランチなどの“食”を楽しむ企画を始め、宵の運河での音楽ライブや空の科学館の館長による移動プラネタリウムなど、趣向を凝らしたイベントが数多くあり、来訪者を楽しませました。中でも、安城市とのゆかりの地交流企画による婚活イベント「半田運河de七夕コン」では、半田市と安城市の男女各60人が集まり、蔵のまち周辺を散策しながら、交流を深めました。

7月6日(日曜日)「社会を明るくする運動市内一斉街頭宣伝活動」

社会を明るくする運動市内一斉街頭宣伝活動

第64回社会を明るくする運動が市内4か所のスーパーなどで行われ、半田保護区保護司会や小学生など100名を超える方々が街頭宣伝活動をしました。

社会を明るくする運動とは、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動で、犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支える保護司会(会長太田和子)の主催によるものです。

街頭宣伝活動では、来店者にポケットカレンダーやエコティッシュなどを配り、犯罪の無い社会への理解と協力を呼び掛けました。

7月3日(木曜日)「バレエでアメリカ留学の切符を勝ち取る!」

バレエでアメリカ留学の切符を勝ち取る!」

スワンバレエアカデミーに所属する杉浦乙羽さん(北二ツ坂町)が、アメリカにあるバレエカンパニーへ留学することを受け、市長室を訪れました。

杉浦さんは今年3月、アメリカコネティカット州のバレエカンパニー「MYSTICBALLET」のオーディションを受け、2014年~2015年の研修生として、スカラシップ(奨学金)付きで留学の切符を勝ち取りました。

市長を前に「自分の勉強だけでなく、学んだ技術を持ち帰って、次の世代につなでいきたい」と意気込みを話しました。

7月2日(水曜日)「お相撲さんがやってきた!」

お相撲さんがやってきた!

大相撲名古屋場所を前に、北の湖部屋の力士3人が半田同胞園(栄町)を訪れ、園児251人と触れ合いました。

この日訪れたのは、三段目の二十城(はたちじょう)さん、序二段の奄美岳(あまみだけ)さん、太田さんの3人。

みんなで四股を踏んだり、股割をした後、園児たちは10人1組になって相撲に挑戦!周囲からの「がんばれー」との大声援を背に、自分の体の何倍もある力士に向かって、果敢に挑みました。

 

 

よくある質問

お問い合わせ

企画部企画課 広報情報担当

電話番号:0569-84-0603

ファックス番号:0569-25-2180

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る