ホーム > 市政情報 > 情報政策 > オープンデータ > オープンデータとは

更新日:2018年6月21日

ここから本文です。

オープンデータとは

オープンデータとは

国や地方自治体などの行政機関が保有する公共データを、市民や企業が利活用しやすいように機械(コンピューター)判読に適した形で、二次利用可能なルールの下で、自由に入手できる状態で、公開されたデータです。

オープンデータの意義

地域の活性化

公開されたデータを利活用する新しいアイデアやサービスが生まれ、生活の利便性の向上やまちの賑わいの創出など、地域の活性化が図られます。

公共サービスの充実

公開されたデータは、市民も企業も自由に利用が可能であり、市民が自ら望む公共サービスを創出することができ、公共サービスの充実が図れます。

行政の効率化

データを公開することで、今までだと、行政機関を訪れなければ入手できないデータが、場所、時間を問わず自由に入手できるようになります。また、共有することで、各行政機関が同じデータを作成する必要がなくなり、重複が省けます。

 


 

よくある質問

お問い合わせ

企画部企画課 広報情報担当

電話番号:0569-84-0603

ファックス番号:0569-25-2180

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?