ホーム > 市政情報 > シティプロモーション > 平成29年度半田市シティプロモーション推進事業助成金の申請受付について

更新日:2017年9月5日

ここから本文です。

平成29年度半田市シティプロモーション推進事業助成金の申請受付について

半田市では、「情熱、蔵出し。半田市。」をキャッチフレーズに、半田市のイメージや認知度の向上を目指し、“オール半田”体制でのシティプロモーションを推進しています。そこで、民間事業者の“視点・資源・手法”を活かした半田市の魅力を市内外に発信する取組みを募集します。ぜひ、事業者のみなさんのご協力をお願いします。

なお、審査を通過した取組みには、経費の一部を助成します。

必ず募集要項をご確認のうえ、申請をお願いします。(※平成29年度の募集は終了しましたが、参考として平成29年度の募集内容を掲載しています。平成30年度の募集は12月頃を予定しています。)

対象者、助成対象となる取組み等について

1.助成対象者

事業を営む個人又は法人

【注】市内に事業所又は店舗等を有し、2年以上事業を営んでいること、税を滞納していないこと等の条件があります。

2.助成対象となる取組み

助成対象となる取組みは、次の全てを満たす取組みとします。

  1. 新たに実施する取組み、または新たな展開(特に情報発信の強化)を図る既存の取組み(ただし、助成対象は新たに展開する部分のみ)

  2. 平成30年3月10日までに完了できる取組み
  3. 申請事業者の責任で、企画、事前準備、実施・運営ができる取組み
  4. 審査の結果、交付が決定された取組み

【注】同様の趣旨・目的で他の制度による助成金等の交付を受ける事業等、助成対象外の条件があります。

(助成対象となる取組みの例)
  • 汎用性の高いPR素材の開発(名刺、包装紙、梱包箱、紙袋など)

  • 半田市のPRにつながる社用車やトラック等の塗装
  • 情報誌等の広報媒体における半田市の特集掲載
  • 半田市をPRする冊子や映像等の作成

3.助成金

(1)助成金の額

助成金の額は、審査の結果、認められた助成対象経費の2分の1以内となります。

ただし、助成限度額は1件あたり50万円とし、千円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てた額とします。

(2)助成対象経費

助成対象経費は、取組みの実施に必要な経費のうち、次の表に定める経費(消費税及び地方消費税を除く)を対象とします。

対象費目

内容

報償費

講師・専門家等への謝礼、出演料等

【注】本人に直接支払う経費が対象

需用費

消耗品費(1件2万円未満)、チラシ、ポスター等の印刷費、PRツール作成費、資料等製本代等

役務費

郵送料、通信運搬費、保険料、撮影費、翻訳料・原稿料、デザイン料、広告料等

委託料

イベント会場設営委託料、会場周辺警備委託料等

使用料及び賃借料

取組みの実施にかかる会場使用料、車両・物品・器具等のレンタル料等

その他経費

その他、市長が必要と認める経費

【注】助成金の対象となるのは、事業実施にかかる直接経費であり、助成事業者の事務所等の維持経費、従業員の人件費等の経常的経費等の対象外経費もあります。

4.その他の支援

採択された取組みを実施する事業者については、地域貢献企業等として、採択された取組みの概要、事業者名、実施成果物などを市ホームページ等で公表させていただきます。

5.助成対象期間

助成金の交付決定日~平成30年3月10日まで

申請等について

1.申請期間

平成29年6月1日(木曜日)から7月28日(金曜日)午後5時15分まで

2.申請方法

半田市シティプロモーション推進事業助成金交付申請書(添付書類含む)を次の宛先まで持参または郵送で提出してください。

 

(申請及び問い合わせ先)

〒475-8666

愛知県半田市東洋町二丁目1番地

半田市企画課

電話0569-84-0605/FAX0569-25-2180

 

  • 持参の場合

申請期間の午前8時30分から午後5時15分(水曜日は午後7時15分)までにお越しください。(土曜・日曜・祝日を除く)

  • 郵送の場合

期間内必着とします。

 

【注意事項】
  • 提出いただいた申請書は返却しません。また、申請期限後の提出書類の差し替え、および再提出はできません。
  • 申請書に記載の内容に不明な点等がある場合は、確認させていただくことがあります。
  • 必要に応じて追加資料を提出していただくことがあります。
  • 取組みに関わる諸手続きは、申請事業者においてご確認ください。
  • 申請書類は、審査・選考のためにのみ利用し、その他の目的に使用することはありません。

(様式第1)半田市シティプロモーション推進事業助成金交付申請書(ワード:32KB)

(様式第1別紙1)事業実施計画書(ワード:44KB)

(様式第1別紙2)事業収支予算書(ワード:50KB)

(様式第1別紙3)申請者概要書(ワード:40KB)

3.審査・選考の方法

(1)審査の基準

申請された取組みは、以下の基準に基づいて審査します。

<審査の基準>

評価項目

評価の視点

情報発信力

半田市の魅力を市内外に印象付けられる内容か。

ターゲットの興味、関心を得られる内容か。

市内外への露出機会が多いか。

シティプロモーションとの関係性

「情熱、蔵出し。半田市。」のキャッチフレーズ又はロゴマークを活用し、発信する提案があるか。

波及性

他事業者でも類似の取組みが実行されるような波及効果が期待できるか。

実行性

収支見込みが明確か。実施体制や実施能力は十分か。

継続性

取組みが継続され、かつ発展していくことが期待できるか。

 <ロゴマーク>

ロゴマーク(PNGファイル)

(2)選考の流れ

外部有識者等で構成されるアドバイザー会議での意見を参考に、審査基準に基づき決定します。

また、申請事業者は、アドバイザー会議でプレゼンテーションをしていただきます。

なお、審査の内容についての問い合わせには応じられません。

  • プレゼンテーションの時期は、8月中旬~下旬を予定しています。

半田市シティプロモーション推進事業の開始~完了

助成金交付決定の日をもって、助成対象の取組みに着手することができます。

取組みの完了後、取組みの実施過程および結果が確認できる成果物や記録写真等を提出していただきますので、確実に保管してください。

また、助成金の収支、領収書等の使途がわかる書類等は助成金の交付を受けた年度の翌年度から5年間保存してください。

なお、次の場合は、「半田市シティプロモーション推進事業助成金変更(中止)申請書(ワード:36KB)」(様式第4)を提出していただきます。

  • 助成対象となる取組みの経費の配分または内容を変更するとき(軽微なものは除く。)
  • 助成対象となる取組みを中止するとき。

【注】変更等の内容によっては、認められない場合があります。

1.実績報告

助成対象の取組みが完了したときは、完了の日から起算して14日を経過する日までに、次の1~6の書類を提出してください。

  1. 半田市シティプロモーション推進事業助成金実績報告書(様式第6)(ワード:31KB)

  2. 事業報告書(様式第6別紙1)(ワード:40KB)
  3. 事業収支決算書(様式第6別紙2)(ワード:52KB)
  4. 助成対象経費の支払いを証する書類の写し
  5. 助成対象となる取組みの実施が確認できる成果物等
  6. その他市長が必要と認める書類

2.助成金の額の確定と請求(交付)

  • 実績報告書に基づき、市で交付する助成金の額を確定し、助成金交付額確定通知書により通知します。
  • 請求にあたっては、助成金交付額確定通知書を受領したのち、速やかに、助成金請求書(様式第8)を提出してください。

【注】助成金の交付額は、助成対象経費の支出結果(支払書類等により確認)によっては、交付決定額より減額となる場合があります。

その他の注意事項

助成金の交付については、「半田市シティプロモーション推進事業助成金交付要綱(PDF:261KB)」の定めによります。

 

なお、次のいずれかに該当するときは、助成金の交付決定の全部または一部を取り消すものとします。既に助成金の全部または一部が交付されているときは、期限を定めて助成金を返還していただきます。

  • 助成金交付要綱および法令等に違反したとき

  • 偽りその他不正の手段により助成金の交付を受けたとき
  • 助成金を助成対象の取組み以外の用途に使用したとき
  • 助成対象の取組みにおいて、他の制度により重複して助成金等の交付を受けたとき
  • 助成対象の取組みの申請内容と実施結果が著しく異なるとき
  • その他市長が不適当と認めるとき

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部企画課

電話番号:0569-84-0605

ファックス番号:0569-25-2180

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る