ホーム > 市政情報 > シティプロモーション > 半田市オリジナル年賀状

更新日:2020年11月13日

ここから本文です。

半田市オリジナル年賀状

半田市オリジナル年賀状ができました‼

無料でご利用いただける半田市オリジナル年賀状テンプレートができました。

半田市の象徴である「山車・蔵・南吉・赤レンガ」をモチーフにした4種類のデザインをご用意しています。

お手持ちのスマートフォンをかざすとイラストが動き出す、ちょっと楽しいAR機能付きのデザインもあります。

新年の挨拶とともに、ぜひふるさと半田の魅力を発信しませんか。

(一般販売はありませんので、ご自身でデータのダウンロード、印刷をお願いします。)

年賀状デザインについて(4種類)

1.半田運河(AR機能付き)

 2021-01

半田市は古くから海運業や酢や酒などの醸造業で栄え、半田運河沿いに立ち並ぶ黒壁の蔵の風景は、往時の姿を今に伝えています。

今日では、ミツカンミュージアムや旧中埜半六邸などの建造物に加え、半田運河Canal NightやHOTORIイベントなどが開催されるなど、新たな賑わいが創出され、市民の憩いの場として時を刻んでいます。

 

2.はんだ山車まつり

2021-02

江戸時代から脈々と受け継がれる山車祭りは、毎年春になると市内各地区のどこかで山車が曳き廻され、総勢31輌の山車が続々と登場します。

5年に一度、市内各地区の山車31輌が、一堂に勢ぞろいする「はんだ山車まつり」では、半田市民のエネルギーが集結する勇壮なさまに、まちは熱い興奮に包まれ、まちが一つになります。

3.半田赤レンガ建物

2021-03

明治31年(1898年)、ビール工場として誕生した半田赤レンガ建物。幻のビール「カブトビール」はここで生まれました。

日本で五指に入る規模を誇るレンガ構造物で、その壮大な姿は、地方都市・半田から一流ブランドを目指し、果敢に大手4大ビールメーカーに挑んだ起業家たちの精神を今に伝えています。

4.彼岸花

2021-04

教科書でもおなじみの童話「ごん狐」。作者の新美南吉は、半田に生まれ育ち、郷土をこよなく愛した作家でした。彼の描いた物語には、ふるさとの豊かな自然、その中で生きる人々の思いやりややさしさがあふれています。

南吉がよく散策したという矢勝川沿いの堤には、秋になると300百万本の彼岸花が咲き誇ります。

利用方法について

シティプロモーションサイト「はんだで暮らす(外部サイトへリンク)」からダウンロードできます。

(使用する際はご自身の責任においてご使用ください。)

AR機能付きデザイン(半田運河)の利用方法について

1.半田運河(AR機能付き)デザインについては、アプリ無しでARが楽しめます。スマートフォンで左下に印字された二次元コードをスキャンした後、上の半田運河にかざしてみてください。

注意事項

ARを楽しんでいただくためにマーカー部(半田運河の写真)には書き込みをしないでください。また、お楽しみいただける利用期限は2020年11月1日から2021年10月31日までの1年間です。

家庭用プリンターの印刷濃度・かすれ具合によりARが正しく機能しない場合があります。印刷には十分ご注意ください。

よくある質問

お問い合わせ

企画部企画課

電話番号:0569-84-0605

ファックス番号:0569-25-2180

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?