ホーム > 事業者向け情報 > 有料広告 > WEBページバナー有料広告 > WEBページバナー広告表現ガイドライン

更新日:2019年3月27日

ここから本文です。

WEBページバナー広告表現ガイドライン

禁止表現

  • 次の表現を含んだ広告は、利用者の意思に反した動きをしたり、利用者に誤解を与えたりするおそれがあるため、禁止とする。
    ・「×」「閉じる」「いいえ」「キャンセル」等のボタン
    ・アラートマーク(「警告」「注意」などあたかも警告を発しているかのような誤解を与えるもの)
    ・ラジオボタン(あたかも選択が可能であるかのような誤解を与えるもの)
    ・テキストボックス(あたかも入力可能な領域があるかのような誤解を与えるもの)
    ・プルダウンメニュー(あたかも下に選択肢があるかのような誤解を与えるもの)

画像の点滅、切り替わりの禁止

アニメーションGIF等を使用した画像の点滅、切り替わりは、利用者に不快感を与えるおそれや、ページデザイン及びアクセシビリティ保持を著しく損なうおそれがあるため、禁止とする。

市ホームページとの区別

利用者が市公式ホームページのコンテンツの一部であるかのように混同するおそれがあるものは、禁止とする。

代替テキスト

代替テキストは、原則「広告:」の後に広告主の名称を記述したものとする。

よくある質問

お問い合わせ

企画部企画課 広報情報担当

電話番号:0569-84-0603

ファックス番号:0569-25-2180

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?