ホーム > 健康・福祉 > 健康・健診 > 健康情報 > 水害時の衛生対策と消毒方法

更新日:2023年11月22日

ここから本文です。

水害時の衛生対策と消毒方法

家屋が浸水した場合は、細菌やカビが繁殖しやくすくなり、感染症にかかるおそれがあるため、清掃・乾燥や必要に応じて消毒することが大切です。

家屋等が浸水した場合

豪雨等により家屋などが浸水した場合、洗浄や拭き取りにより十分に汚れを除去して、乾かした後、消毒するようにしてください。

衛生対策と消毒方法について

家屋が浸水した場合の衛生対策と消毒方法についてまとめました。詳細は下記をご参照ください。

浸水した家屋の衛生対策と消毒(PDF:571KB)

家屋等が浸水した場合のご相談について

家屋等が浸水した場合の衛生対策や消毒方法については、健康課にてご相談を受け付けています。

お気軽にお問合せください。

床下浸水した際に下記の実施基準を満たした場合に、市で噴霧器を使った消毒を行うことができます。

  • 汚水が家屋等に浸水した場合(雨水のみの浸水は除く)
  • 動物の死骸、腐敗物が流入した場合

なお、屋外(庭・外構)は汚泥等を取り除き、乾燥を行うことで十分な感染症対策となりますので、消毒は原則必要ありません。

また、消毒薬はクレゾールを使用するため臭気を伴いますので、ご承知おきください。

 

よくある質問

お問い合わせ

福祉部健康課

電話番号:0569-84-0662

ファックス番号:0569-22-8561

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。