ホーム > 事業者向け情報 > 農林業 > 鳥獣 > 有害鳥獣の捕獲許可について

更新日:2019年4月17日

ここから本文です。

有害鳥獣の捕獲許可について

有害鳥獣とは、農作物に被害を与えるなど一般的に人間の生活に対し害を及ぼす鳥獣のことであり、具体的にはカラスが収穫前の作物を食べる、サルやイノシシが田畑を荒らすなどがあります。

近年、私たちの生活と野生動物の距離が近くなり、農作物被害や家屋侵入など生活被害が発生しています。この被害を受けないためにも、動物の特徴をよく知り、被害を防ぐことが大切になります。

有害鳥獣(鳥やヌートリア等)の捕獲許可について

被害対策を行っても野生鳥獣による農作物や生活環境への被害を防げない場合に、野生鳥獣の捕獲や鳥類の卵の採取等をするためには、鳥獣の種類によって、環境大臣や知事または市町村長の許可が必要です。

許可を受けたい方は、捕獲等をする鳥獣の種類により市役所に申請書を提出してください。

申請書様式

許可申請書(様式)(ワード:52KB)

許可申請書(記入例)(ワード:86KB)

捕獲依頼書、許可申請者名簿様式

鳥獣の捕獲を依頼する場合や申請者(従事者)が複数いる場合は、下記の書類も併せて提出してください。

捕獲依頼書(様式)(ワード:34KB)

捕獲依頼書(記入例)(ワード:36KB)

許可申請書名簿(様式・記入例)(エクセル:40KB)

事務取扱要領

許可期間は、原則2か月以内です。その他詳細については、下記要領をご覧ください。なお、捕獲器については数に制限があるため、事前にご連絡ください。

半田市鳥獣捕獲許可事務取扱要領(PDF:1,023KB)

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部経済課 農務担当

電話番号:0569-84-0636

ファックス番号:0569-25-3255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。