更新日:2020年7月8日

ここから本文です。

【受付終了】理美容事業者休業協力金(愛知県・半田市)

この協力金の申請受付は、令和2年7月5日で終了しました。

______________________________

 

新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴い、自主的に休業する理美容事業者に休業協力金を交付し、支援を行います。

理美容事業者については、愛知県理容生活衛生同業組合及び愛知県美容業生活衛生同業組合(以下「愛知県理美容組合」という。)の加盟の有無は問いません。

なお、理美容事業者休業協力金の申込は、愛知県へ必要書類を郵送申請するのみで受付されます(半田市への直接の申請は必要ありません)。県を通じ、県と市の申請内容を審査後、県と市で交付決定された場合、愛知県と半田市から別々に10万円ずつ口座振り込みされることになります。詳細は以下をお読みください。

 

【お詫び】6月1日号はんだ市報への掲載時点においては、県と市それぞれへ申請が必要となっておりましたが、その後県の方針が変更され、県への窓口一本化されることになりました。事業者の皆様へは混乱を招き申し訳ありませんが、下記の必要書類をそろえ、県へ郵送申請をしていただきますよう、お願いいたします。

交付額

1事業者当たり20万円(愛知県10万円、半田市10万円)

※県内に複数の店舗が所在する事業者においても、申請は1回のみ、1事業者あたり20万円(県10万、市10万)となります。

1.休業協力期間(交付要件)

次の全期間にわたり、自主的に休業した事業者

愛知県理美容組合加盟の事業者 令和2年4月24日(金曜日)から5月6日(水曜日)まで
愛知県理美容組合に未加盟の事業者

令和2年4月25日(土曜日)から5月6日(水曜日)まで

※4月25日(土曜日)に限り必要最低限の営業であれば店舗が開いていた実績があっても交付対象となります。必要最低限の営業とは、休業連絡できなかった予約客への対応、4月25日(土曜日)以降の休業連絡のための営業などです。

※県内に複数の店舗が所在する事業者は、すべての店舗において休業していることが必要となります。

2.交付対象者

愛知県理容生活衛生同業組合

愛知県美容業生活衛生同業組合

左記組合に加盟している事業者のうち休業された方は、各組合を通して交付されます。組合からの案内により組合へ申請していただきますので、愛知県へは直接申請しないようご注意ください。

右表のいずれにも該当する事業者

(以下「組合未加盟事業者」という。)

ア.半田市内に県内の主たる事業所がある理容業又は美容業を営む中小企業者等であること(管轄の保健所に開設届が届出済みである)。

イ.愛知県理容生活衛生同業組合又は愛知県美容業生活衛生同業組合に加盟していないこと。

ウ.休業協力期間中、全日にわたり自主的に休業を実施したこと。(1.休業協力期間をご参照ください)

エ.愛知県緊急事態措置(令和2年4月10日)時点で開業しており、営業実態が確認できること。

オ.「愛知県・半田市新型コロナウイルス感染症対策協力金」(50万円)の交付対象でないこと。

カ.他市町村が実施する新型コロナウイルス感染症対策のための理容業・美容業事業者に対する休業協力金の申請者でないこと。

キ.交付申請日又は交付決定日において倒産又は廃業していないこと。

 

申請手続き(組合未加盟事業者)

以下の手順をお読みになり、愛知県(保健医療局生活衛生課)へ申請書及び添付書類郵送で提出してください。

申請手順

1.申請書類や申請案内を入手してください

申請書と宣誓書は、「愛知県様式」と「半田市様式」の2種類が必要です。以下の方法で入手してください。

申請書類の入手方法 手順
ホームページからダウンロードして印刷する方法

(1)愛知県様式をダウンロード

愛知県理美容休業協力金ホームページ(外部サイトへリンク)へアクセスし、申請案内や、申請書類をダウンロードして印刷してください。

(2)半田市様式をダウンロード

理美容協力金関係書類一式(一括ダウンロード)【半田市版】(PDF:2,129KB)

(半田市版の申請書、宣誓書、マニュアルが含まれています。)

半田市役所にて入手する方法

※半田市役所では、「愛知県様式」と「半田市様式」と申請案内など、すべてを印刷したものを、セットにしてお渡しいたします。ご自由にお持ちください。

※取りに来ることが難しい方は、お電話(経済課0569-84-0634)へご相談ください。

・半田市役所 1階 休日夜間入口(宿直室)前【平日・土日夜間もあいています】

・半田市役所 3階 経済課(22番)窓口にて配布【平日9~17時のみです】

 

2.愛知県へ申請書類を郵送で提出してください

申請期間 令和2年6月1日から7月5日まで(消印有効)受付終了
提出方法

下記提出書類を郵送で愛知県へ提出

【送付先】〒460-8501(住所不要)愛知県 保健医療局 生活衛生課 

理美容協力金担当

※切手を貼り付けの上、裏面には差出人の住所及び氏名を必ずご記入ください。また、簡易書留など郵便物を追跡できる方法で送付することを推奨します。

提出書類

ア.申請書(愛知県様式)

イ.申請書(半田市様式)

ウ.宣誓書(愛知県様式)

エ.宣誓書(半田市様式)

オ.添付書類

  • 直近の確定申告書の写し(個人事業主:所得税、法人:法人税)

※原則、税務署の受付印または電子申告の受信通知のあるものとし、受付印がない場合は、以下の申告書一式を提出してください。

個人事業主:「確定申告書B第1表、第2表、青色申告決算書(白色申告の場合は収支内訳書)」

法人:「法人税申告書の別表(全て)、法人税事業概況説明書」

※個人事業主の場合はマイナンバーを黒く塗りつぶすなどして提出してください。

※他県に本店がある法人については、愛知県内の主たる事業所の所在地がわかる書類を追加で添付してください。

※設立1年目で決算期や申告時期を迎えていない場合は、直近の経理帳簿等を添付するなど、措置時点での営業実態がわかる書類を添付してください。(現金出納帳、売上帳簿等(令和2年1月以降直近までのもの)など)

  • 本人確認書類の写し

個人事業主:運転免許証(両面)、パスポート、保険証(両面)いずれか1種類

法人の場合:定款又は登記簿謄本等いずれか1種類

  • 休業の告知、通知の写し(ホームページの画面、ポスター掲示写真やチラシ、本社等から事業所に対する通知等)

※休業する事業所等の名称や状況(休業の機関、営業時間の変更)が分かるよう工夫してください。

※これらの書類がない場合は、休業期間中の事業収入額を示した帳簿を添付してください。

※休業する店舗が複数ある場合は全ての店舗の写真等を添付してください。

  • 振込先口座番号と名義がわかる通帳又はキャッシュカードの写し

※提出書類は必ず控えを取り、各自保管してください(交付日から5年間保存)。

 

交付について

(1)愛知県で書類審査後、交付決定がされた場合は口座振込されます(振込をもって交付決定通知にかえられます)。

(2)愛知県が交付決定した対象者について、半田市へ通達が来次第、速やかに半田市から交付決定通知を送付し、口座振込いたします。

愛知県と半田市それぞれから10万円ずつ口座振り込みいたします。入金の時期はそれぞれ異なりますので、ご了承ください。

 

【注意】交付決定事業者が虚偽申請、その他不正な手段により休業協力金の交付を受けた場合は、休業協力金を返還しなければなりません。また、休業協力金の交付事業者として、施設の種類、店舗名称及び店舗所在地を愛知県ホームページで公開することがあります。

よくある質問

愛知県のホームページに「よくある質問」が掲載されています(外部サイトへリンク)。随時更新されていますので、ご参照ください。

 
 

 


 


 

お問い合わせ

市民経済部経済課

電話番号:0569-84-0634

ファックス番号:0569-25-3255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。