ホーム > 事業者向け情報 > 農林業 > 農業者支援 > 農業経営基盤強化促進法に基づく利用権設定について

更新日:2022年5月11日

ここから本文です。

農業経営基盤強化促進法に基づく利用権設定について

経営規模を拡大するなど農地を借りたい農業者と、高齢や諸事情で耕作できず農地を貸したい人との間で、農地法第3条の許可を受けずに農地賃借等の権利を設定することができます。

手続きの流れ

  1. 農地を借りたい・農地を貸したい人は、利用権設定申出書を経済課農務担当に提出してください。
  2. 農業委員会の決定を経て、農用地利用集積計画を作成し、公告を行います。
  3. 公告を行うことにより、権利が設定されます。

利用権設定の申し込みについての留意点

  1. 申出書の受付締切は、毎月1日(閉庁日の場合は翌開庁日)です。
  2. 利用権の設定期間は、概ね3~5年ですが、当事者同士の意向により定めることができます。ただし、始期年月日は公告日(申出書提出の翌月1日)、終期年月日は12月31日としてください。
  3. 一定料金(または米など現物)を支払う賃貸借と、無償で貸し借りする使用貸借があります。

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部産業課 農務担当

電話番号:0569-84-0637

ファックス番号:0569-25-3255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?