ホーム > まち・環境 > 環境・自然 > 公害 > ごみ等の野焼き禁止及び土地の適正管理について

更新日:2015年8月18日

ここから本文です。

ごみ等の野焼き禁止及び土地の適正管理について

 ◆ごみ等の野外焼却行為は禁止されています!!
野外でごみ等を燃やすことは、ダイオキシンの発生・黒煙・悪臭等による近所迷惑や火災の原因となります。基準に適合した焼却炉を用いず、野外でごみ等を燃やさないようにしましょう。

【ごみの適正管理にご協力ください】
○一般家庭から出たごみは、ごみステーションに出すか、または半田市クリーンセンターへ直接お持ちください。
○廃棄物の野焼きは「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により罰せられます。


※ごみ等の例…一般家庭ごみ、草及び木、ゴム、皮革、合成樹脂 など

moyasi

適正な土地管理をしましょう!!

雑草や樹木が生い茂ると、衛生害虫の発生など、生活環境に悪影響を及ぼす恐れがあります。土地の所有者や管理者の方は、責任を持って適正な土地管理をしましょう。

○蚊やムカデなどの病害虫・不快害虫が発生しやすくなります。
○雑草が高く繁茂すると、見通しが悪く交通事故や非行・犯罪を誘発する原因につながる恐れもあります。
○冬季には立ち枯れ、枯れ草火災の原因になります。
○粗大ごみなどが不法投棄されやすくなります。 

詳しくは、環境課(直通:0569-21-4001)までお問い合わせください。

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部環境課 環境保全担当

電話番号:0569-21-4001

ファックス番号:0569-25-3255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?