ホーム > まち・環境 > 環境・自然 > 環境啓発・教育 > 国・県等からのお知らせ(環境保全・省エネ対策等)

更新日:2019年10月4日

ここから本文です。

国・県等からのお知らせ(環境保全・省エネ対策等)

一般向け

夏の星空観察について

環境省では昨年度、屋外照明による光害を防止することが重要になってきていること等を踏まえ、「星空観察の推進手法に関する検討会」を開催し、平成30年度から夏と冬の2回、肉眼による観察とデジタルカメラによる夜空の明るさ調査を呼びかけを行っています。

参加方法などの詳しい情報は、環境省ホームページ(https://www.env.go.jp/air/life/hoshizorakansatsu/observe-1.html)をご覧ください。

事業者向け

中小事業者向け省エネセミナー

省エネの専門家が、省エネの必要性や取組方法、補助金などの支援策について、分かりやすく紹介・解説します。

日時:令和元年12月2日(月曜日)

会場:愛知県産業労働センター(ウインクあいち)

主催:愛知県環境局地球温暖化対策課

チラシ及び参加申込書(ワード:6,223KB)

「あいち省エネ相談」

愛知県では、中小事業者を対象とした「あいち省エネ相談」を実施しており、専門家が無料で、相談者の取組状況・経営状況に合せた無理なく取り組める省エネ対策をアドバイスします。
詳しくは、愛知県地球温暖化対策課のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

「Eco-CRIP~エコアクション21CO2削減プログラム補助事業~」

Eco-CRIP(エコクリップ)は、環境省が策定した環境マネジメントシステム「エコアクション21」をベースにCO2排出量及びコスト削減に特化した簡素な環境経営システムです。
この補助事業は、環境経営の専門家による戸別訪問支援を、国の補助によって無料で受けることができる制度です。
詳しくは、エコアクション21中央事務局(外部サイトへリンク)をご覧ください。

「利子補給制度~公害対策~」

「公害を防除するための施設・設備の設置、改善」「公害を防止するための工場移転」などで、愛知県経済環境適応資金(パワーアップ資金)を利用すると、返済時の金利負担一部を利子補給されます。
詳しくは、愛知県中小企業金融課(外部サイトへリンク)をご覧ください。

共通

6月5日は「環境の日」・6月は「環境月間」です。

1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。
国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本では「環境基本法」(平成5年)が「環境の日」を定めています。
また、環境庁(現:環境省)の主唱により、平成3年度から6月の一ヶ月間を「環境月間」としています。

12月は「地球温暖化防止月間」「大気汚染防止推進月間」です。

環境省においては、平成9年に気候変動枠組条約第3回締約国会議(UNFCCC・COP3、京都会議)が開催された12月を「地球温暖化防止月間」と定め、全国で地球温暖化防止に関する各種取組を実施しています。
また、12月は暖房機器の使用や自動車交通量の増加に伴い、窒素酸化物などの大気汚染物質の排出量が多くなります。さらに、この季節の大気は安定しているため、汚染物質が拡散しにくく、地上付近の空気が一年で最も汚れやすくなることから、国は毎年12月を「大気汚染防止推進月間」としています。

大気汚染防止啓発

お問い合わせ

市民経済部環境課 環境政策担当

電話番号:0569-84-0627

ファックス番号:0569-25-3255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?