更新日:2019年12月24日

ここから本文です。

やめよう!ポイ捨て

ポイ捨ては条例で禁止されています

ペットボトルやレジ袋、たばこの吸い殻などのポイ捨てやペットのフンを放置することは、まちの景観を損なうだけでなく、街中で捨てられたごみが雨や風によって川へ運ばれ海へ流れ着き、劣化したごみがマイクロプラスチックとなるなど環境破壊につながります。

海洋ごみイメージ

浜辺に打上げられたごみ

マクロプラスチックイメージ

マイクロプラスチックとは

様々な理由で、環境中に放出したプララスチックごみが、雨、風、紫外線などの影響を受けて劣化していき、直径が5mm以下になったプラスチックのことです。
プラスチックは、汚染物質を吸着しやすいという特性があるため、マイクロプラスチックを食べた魚や動物が汚染され、汚染された魚や肉を人が食べることで、環境だけでなく、人間にも悪影響を与えます。

環境省マイクロプラスチック啓発ページ(外部サイトへリンク)

 

また、半田市環境保全条例により、たばこの吸い殻、缶、ビン、ペットボトルなどのごみのポイ捨ては固く禁じられています。

タバコのポイ捨てイメージ

ポイ捨てされたたばこの吸い殻

たくさんの方がクリーンボランティアを行っています

例年、5月30日前後に「ごみゼロの日」として、半田市内でごみ拾いの啓発イベントを実施しています。

令和元年度は、5月30日に名鉄住吉町駅前から柊町三丁目交差点付近まで、半田工業高校生徒さんと先生及びはんだエコ事業所の方がごみ拾いを実施しました。

高校生活動写真 エコ事業所活動写真 交差点啓発活動 参加高校生集合写真 参加エコ事業所集合写真

 

はんだエコ事業所 参加事業所一覧

日産チェリー半田販売株式会社

美松工業株式会社
半田信用金庫
トーエイ株式会社半田支店
株式会社清久建設
信栄土木株式会社
有限会社一誠堂
八洲建設株式会社
有限会社ヤマヤ産業
半田商工会議所

計:10事業所16名(順不同)

 

また、毎朝ごみ拾いを行っているボランティアの方もいます。

ボランティアの方が拾ったタバコの袋の一例

市内の半田高校前交差点~柊町三丁目交差点の間で回収されたたばこの吸い殻

啓発看板を貸出ししています

半田市では、環境課窓口でポイ捨て啓発の看板を貸出ししています。

ポイ捨て啓発看板

ポイ捨て啓発看板例

看板貸出しの条件は?

ポイ捨て啓発看板は、半田市内にお住まいの方、または半田市内の事業所の方を対象に、貸出しを行っています。

数に限りがありますので、原則1枚の貸出しとなります。

また、貸し出された看板が汚れたり、破損したりした場合は、新しいものと交換しますので、環境課窓口までご来庁ください。

なお、啓発看板のデザインは都度変更していますのでご理解ください。

半田市役所前に懸垂幕を掲示しています

現在、半田市役所前で懸垂幕を不定期に掲示しています。

ポイ捨て啓発懸垂幕

散乱するたばこの吸い殻や、空き缶などのポイ捨てで、まちの景観が損なわれます。

市内の環境美化のためにも、皆さんのさらなるご理解とご協力が必要です。マナーを守り、ポイ捨てはやめましょう。

 

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部環境課 環境保全担当

電話番号:0569-21-4001

ファックス番号:0569-25-3255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?