ホーム > まち・環境 > 動物 > 地域猫活動について

更新日:2021年3月23日

ここから本文です。

地域猫活動について

地域猫活動とは

地域猫活動とは、地域にいる「飼い主のいない猫」を「排除する」のではなく、人間と同じ「命あるもの」としてとらえ、地域の中で猫を「適正管理する」ことで地域との共生を認め、自分たちのまちの問題として、迷惑やトラブルを解決するための環境美化活動です。

具体的には、猫に不妊・去勢手術を行い、その後、猫の命が絶えるまで、エサやりやフンの始末などの飼養を地域で行うことで、管理されていない猫の数を徐々に減らします。地域で飼い主のいない猫を管理することで、猫によるトラブルを減少させます。

現在、市内には、地域猫活動に個人で取組んでいるボランティアさんがいます。しかし、この活動はボランティアさんだけではなく、地域住民が主体となり、行政が連携・協力のもと、役割を決めて取組んでいくことが必要です。

地域猫活動は「猫好き」の方が行う活動ではなく、飼い主のいない猫で困っている地域住民が主体的に活動することで、トラブルを解決する方法であり、市では、住民、ボランティア、行政の三者協働で活動する地域を増やしています。

飼い主のいない猫を減らし、地域で適正に管理される地域猫となるよう、活動に対する皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

地域猫活動に興味がある方、実際に活動に携わりたいという方は、半田市環境課環境保全担当(0569-21-4001)までご連絡ください

野良猫に対する地域猫活動ガイドラインを策定しました

猫には様々な習性があります。その猫の習性を理解しつつ、飼い猫、野良猫問わず、人にとっても、猫にとっても、より暮らしやすい環境を考えるために、「野良猫に対する地域猫活動ガイドライン」を策定しました。

市では、本ガイドラインに基づき、野良猫について考え、地域の方と協働する地域猫活動について推奨していきます。

野良猫へのエサやりについて

野良猫が住み着いている地域では、フン尿などによりトラブルの原因になることがあります。

「野良猫がかわいそうだから」「自分では飼えないけど懐いてかわいいから」という気持ちから、むやみにエサを与えたりすると、その地域に野良猫が増えて、近隣の住民同士のトラブルの原因になります。

周囲への影響に対して自覚をもち、責任を持って世話(不妊・去勢やフン尿の管理)するようにしましょう。

また、野良猫を適正に管理することで、地域の環境美化猫にとっての幸せにもつながりますので、地域猫活動へのご協力をお願いいたします。

猫無責任にえさやらない

上記の啓発看板を無料で貸出していますので、ご活用ください。

希望される方は、環境課の窓口(市役所3階)で手続きをしてください。

  • サイズ:40cm×30cm

地域猫活動の支援について

飼い主のいない猫(地域猫)の不妊去勢手術を実施するために保護したい人への捕獲器の貸出し、手術後の飼養管理に要する物品の支援を行います。貸出しには条件があります。詳しくは環境課までお問い合わせください。

  1. 捕獲器の貸出し
    希望する方に対し、地域猫の不妊去勢手術を行うため捕獲器の貸し出しを無料で行います。台数に限りがありますので、先着順とさせていただきます。
    貸し出し期間:30日以内
    サイズ:240mm×660mm×235mm
    捕獲器
    貸出しについては、「飼い主のいない猫捕獲器の貸出しについて」をご確認ください。
  2. 猫用トイレの資材提供
    地域猫活動1か所ごとに、トイレ2個、トイレ用猫砂2袋を支給します。(初回のみ)

飼い主のいない猫の不妊去勢手術について

公益財団法人どうぶつ基金さくらねこ無料不妊手術事業

公益財団法人どうぶつ基金が手術費等を全額負担する「さくらねこ無料不妊手術事業」に参加し、地域猫活動を行う住民やボランティア団体等と連携してTNR事業を行います。「さくらねこ無料不妊手術事業」とは、飼い主のいない猫に対し「さくらねこTNR(Trap/捕獲し、Neuter/不妊去勢手術を行い、Return/元の場所に戻す、その印として耳先をさくらの花びらのようにV字カットする)」を実施することで、繁殖を防止し、「地域の猫=『さくらねこ』」として一代限りの命を全うさせ、飼い主のいない猫に関わる苦情や、殺処分の減少に寄与する活動です。

半田市は、令和元年度から公益財団法人どうぶつ基金の「さくらねこ無料不妊手術事業(行政枠)」で発行している無料不妊手術チケットの交付窓口となり、地域猫活動を行う市民(個人、ボランティア団体等)に対し、チケットを配付しています(希望制)。チケットを交付された後、ご自身でどうぶつ基金の協力病院に飼い主のいない猫(野良猫)をお連れいただいて、不妊去勢手術をしていただいています。※協力病院は半田市外の病院となります。

ノミ除け薬やねこ風邪予防のワクチンは無料で投与されますが、病院によっては別途費用(抗生物質等)を負担していただく場合があります。

(お知らせ)

「さくらねこ無料不妊手術チケット(行政枠)」配付の受付を開始いたしました。

数に限りがありますので、事前に環境課までご相談ください。

「さくらねこ無料不妊手術チケット(行政枠)」の申請方法については、「さくらねこ無料不妊手術チケット(行政枠)の申請について」をご確認ください。

実施年度 実施月 手術頭数 実施地域
令和元年度 8月から9月

オス2匹

メス3匹

亀崎町
12月 メス1匹 亀崎町

オス1匹

メス1匹

畑合町
メス2匹 南大矢知町
オス1匹 山代町
1月 オス1匹 畑合町
令和2年度 5月 オス1匹 上池町
メス1匹 亀崎町
オス1匹 勘内町
オス2匹 銀座本町
メス1匹 新栄町

オス1匹

メス3匹

東天王町
6月 オス1匹 青山
メス1匹 勘内町
メス2匹 東天王町
メス1匹 本町
7月 メス1匹 青山
オス1匹 乙川薬師町
オス1匹 勘内町
メス1匹 天王町

オス1匹

メス1匹

東天王町

 

8月

メス2匹 青山
メス2匹 勘内町

オス2匹

メス1匹

銀座本町

オス1匹

メス2匹

新栄町
メス2匹 天王町
オス2匹 東天王町

オス1匹

メス1匹

東生見町

オス1匹

メス1匹

本町
オス1匹 向山町
9月 メス2匹 青山
メス1匹 乙川町
メス2匹 栄町

オス1匹

メス2匹

新栄町
メス3匹 天王町
メス1匹 向山町
メス1匹 桃山町
10月 メス1匹 大池町

オス1匹

メス1匹

北大矢知町
オス1匹 中午町
11月 メス2匹 乙川薬師町

オス2匹

メス1匹

亀崎町

オス1匹

メス1匹

勘内町

オス1匹

メス1匹

新栄町
メス1匹 住吉町
オス1匹 中午町
オス2匹 畑合町
メス2匹 東大矢知町
オス1匹 前田町
オス1匹 向山町
12月

オス1匹

メス7匹

板山町
オス2匹 乙川薬師町
メス1匹 勘内町
メス1匹 新栄町

オス1匹

メス1匹

東洋町
オス1匹 畑合町
メス1匹 向山町

さくらねこ無料不妊去勢手術実施状況(令和2年12月28日現在)

※実施地域は、地域猫活動として飼い主のいない猫を捕獲し、戻した場所となります。

 

公益財団法人どうぶつ基金は、動物の適正な飼育法の指導・動物愛護思想の普及等を行い、環境衛生の向上と思いやりのある地域社会の建設に寄与することを目的に各種事業を行う団体です。

「公益財団法人どうぶつ基金」ホームページ(外部サイトへリンク)

 

不幸な猫を増やさないため、飼い主のいない猫が嫌われものにならないためにも地域猫活動へのご理解とご協力をよろしくお願いします。半田市では公益財団法人日本動物愛護協会の飼い主のいない猫の不妊去勢手術助成事業のご案内もしています。(一部自己負担あり)

お問い合わせ

市民経済部環境課 環境保全担当

電話番号:0569-21-4001

ファックス番号:0569-25-3255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。