ホーム > まち・環境 > 動物 > 飼い猫の管理について

更新日:2021年3月23日

ここから本文です。

飼い猫の管理について

猫を飼っている方にとっては、ご自身の猫は家族同然のかわいいペットです。しかし、猫が苦手な方や、アレルギーの方などもいます。お互いが思いやりを持って、猫を飼っている方は、近隣の方の迷惑にならないよう、責任を持って管理しましょう。

飼い猫の管理

飼い猫はできるだけ室内で飼い、どうしても外へ出さないといけない場合は、次のことを行ってください。

  • 飼い猫には首輪や迷子札を着け、飼い主がわかるようにする。
  • フン尿の後始末をする。(猫専用のトイレを設置し、定期的に砂を入れ替えるなど、きれいに管理する。)
  • 野良猫が近づかないよう、飼い猫が食べ残したエサはすぐに片づける。
  • 子猫を望まないなら、不妊・去勢手術をする。⇒不用意な繁殖は、結果として不幸な猫を生み出す結果となりかねません。また、自分で管理できないほどの数にまで繁殖してしまうと、近隣の迷惑となるばかりでなく、自分自身の生活まで壊すことになります。

野良猫に対する地域猫活動ガイドラインを策定しました。

猫には様々な習性があります。その猫の習性を理解しつつ、飼い猫、野良猫問わず人にとっても、猫にとっても、より暮らしやすい環境を考えるために「野良猫に対する地域猫活動ガイドライン」を策定しました。

飼い主の方においては、飼い猫の習性等を理解し、可能な限り室内飼養に心がけるとともに、事前に不妊去勢を行い、多頭飼育崩壊などを起こさないようにお願いします。

 

お問い合わせ

市民経済部環境課

電話番号:0569-21-4001

ファックス番号:0569-25-3255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。