ホーム > まち・環境 > 動物 > 犬の飼い主のマナー

更新日:2020年8月24日

ここから本文です。

犬の飼い主のマナー

「犬のフンの放置」「犬の放し飼いによる散歩」など、犬に関するさまざまな相談が市に寄せられています。これらは、近隣住民の間でトラブルを引き起こす原因となりますので、飼い主は、以下のマナーを守りましょう。

他人に迷惑がかからないよう、動物を適正に飼育することは、飼い主の責務です。

飼い主のマナー

フンの処理

飼い犬のふんは、飼い主が責任を持って持ち帰る。

リードの取扱い

屋外では、飼い犬を必ずリード(引き綱)でつなぎ、リードの長さは飼い犬をコントロールできる長さとする(伸びるリードは特に注意が必要です)。

  • 飼い犬が広範囲を自由に動き回るような状況は、他人に危害を加える事件や事故を起こす可能性があります。
  • 飼い犬が他人にケガをさせたり、物を破損させたりした場合、飼い主の責任となり、相手方から損害賠償請求を受ける場合があります。

犬や猫の困りごとなどについては、こちらもご覧ください。

愛知県動物保護管理センター(愛知県ホームページ)(外部サイトへリンク)

 


 

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部環境課

電話番号:0569-21-4001

ファックス番号:0569-25-3255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?