ホーム > まち・環境 > 環境・自然 > 公害 > 土壌・地下水汚染に関する情報(続報)

更新日:2018年11月12日

ここから本文です。

土壌・地下水汚染に関する続報

半田市日東町地内の企業所有地でふっ素及びその化合物による土壌・地下水汚染が判明し、平成29年9月19日(火)に愛知県が公表した件についての続報

愛知県による発表の概略

汚染井戸周辺の調査等を実施したが、海水由来の可能性もあり、汚染原因の特定には至らなかった。

調査結果

ふっ素及びその化合物が地下水基準を超過した井戸(発端井戸)から半径約500mの範囲内の事業者等を調査したところ、全ての事業所において、ふっ素及びその化合物を取り扱っていないことが確認できた。

汚染が判明した場所が沿岸部であり、海水中にもふっ素が含まれることから、海水由来の可能性も考えられ、汚染原因の特定には至らなかった。

発端井戸から半径約500mの範囲には他に井戸を使っていないため、地下水の水質調査については実施していない。

今後の対応

愛知県

愛知県は、事業者(土地所有者等)に土壌・地下水汚染対策の適切な実施を継続指導していく。

事業者

事業者は、地下水のモニタリング調査を継続実施していく。

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部環境課

電話番号:0569-21-4001

ファックス番号:0569-25-3255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?