ホーム > まち・環境 > 環境・自然 > 環境に関する施策・計画 > 半田市バイオマス産業都市

更新日:2020年1月30日

ここから本文です。

半田市バイオマス産業都市

構想の概要

畜産ふん尿等を利用したバイオガス発電と、その排熱・排ガスを利用した植物工場を中心とした4つの事業化プロジェクトにより、「循環型社会の形成」「農業の振興」「畜産臭気の低減」を目指します。

イメージ図

バイオマス産業都市構想の概要図

半田市バイオマス産業都市構想(PDF:1,590KB)

半田市バイオマス産業都市構想概要版(PDF:694KB)

プロジェクトの進捗状況

別ページで進捗を更新しています。

 

プロジェクト名 事業主体 計画 事業区域
1

畜産ふん尿等を利用したバイオガス発電
(トリジェネバイオガス発電)

株式会社ビオクラシックス半田
(半田市吉田町)

工事着工:令和元年
施設完成:令和3年7月頃
稼働:令和3年10月頃

松堀町
2

排熱・排ガスを利用した植物工場
(環境制御型)

株式会社にじまち
(半田市吉田町)

令和3年度頃(予定) 松堀町
3 消化液の液肥利用 コントラクター 未定
4 畜産ふん尿の臭気低減 市・地元企業・畜産農家 令和3年度(予定)

 

 


「バイオマス産業都市」とは

バイオマス産業都市とは、地域に存在するバイオマスを原料に、収集・運搬、製造、利用までの経済性が確保された一貫システムを構築し、地域のバイオマスを活用した産業創出と地域循環型のエネルギーの強化により地域の特色を活かしたバイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまち、むらづくりを目指す地域です。平成25年度から、関係7府省(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)が共同で選定し、バイオマス産業都市構想の具体化に向けた取組を推進しています。

農林水産省「バイオマス産業都市の取組」(外部サイトへリンク)

半田市バイオマス産業都市認定

半田市においても、平成28年度に「半田市バイオマス産業都市構想」を、市と事業者で共同で策定し、平成28年10月5日に半田市を始めとした16地域が国(関係7府省)の認定を受けました。国の支援を受けながら、「半田市バイオマス産業都市構想」に基づく事業化プロジェクトの実施に取り組んでいます。

認定授与式の様子

認定式
礒崎農林水産副大臣(右)から認定証を受け取る榊原市長(左)

お問い合わせ

市民経済部環境課

電話番号:0569-21-4001

ファックス番号:0569-25-3255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。