更新日:2019年10月16日

ここから本文です。

板山獅子

愛知県指定無形民俗文化財

板山獅子は一人立ちの嫁獅子で、幕末に尾西方面から伝えられたといわれています。囃子方には大太鼓、小太鼓、拍子木や笛を用い、地方の舞獅子は派手な女物襦袢に黒紋付、紺股引に白足袋の女形姿で出演します。

この獅子舞はまず、右手に御幣、左手にすずを持った女獅子の神楽舞があり、ついで段ものが上演されます。芝居狂言の義太夫節による獅子歌が哀調を帯びた節まわしで歌われ、傾城阿波鳴門や朝顔日記、神霊矢口の渡し、忠臣蔵三段目、七段目などが上演されます。板山獅子は愛知県の無形民俗文化財に指定されています。

地図情報

Googleマップを開く(外部サイトへリンク)

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部観光課 観光担当

電話番号:0569-84-0689

ファックス番号:0569-25-3255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?