ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 確定申告における各種控除 > おむつに係る費用の医療費控除について

更新日:2019年3月26日

ここから本文です。

おむつに係る費用の医療費控除について

おむつに係る費用は条件によって医療費控除の対象となります。

傷病によりおおむね6ヵ月以上にわたり寝たきり状態にあると認められた方で、医師によりおむつの使用が必要と認められる方については、大人用紙おむつ購入費も医療費として医療費控除の対象となります。

対象となるおむつの種類

  • 紙おむつの購入費
  • 補助パッドの購入費
  • 貸おむつの貸借料

対象とするには、医師の証明が必要です

医療費控除の申請をするためには、医師が発行する「おむつ使用証明書」が必要となります。

おむつに係る費用を初めて医療費控除の対象とする方、介護保険の要介護認定を受けていない方は、下記の様式を持って、主治医へ依頼してください。

証明書の発行には文書料がかかりますのでご注意ください。

おむつ使用証明書(PDF:59KB)

介護保険の認定を受けている方で、医療費控除とするのが2年目以降の方について

介護保険の要介護認定を受けている方が紙おむつの医療費控除を申請する場合、2年目以降の確定申告では、医師が発行する「おむつ使用証明書」に代えて、要介護認定にかかる主治医意見書の内容を確認した書類を使用することができる場合があります。

ただし、主治医意見書にて以下の2点が確認できた場合に限ります。

  • 寝たきり状態であること
  • 尿失禁の発生可能性があること

高齢介護課窓口にてお手続きください。費用は無料です。

高齢介護課での確認書類(2年目以降)(PDF:32KB)

確認できなかった場合は医師よりおむつ使用証明書を発行してもらってください。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部高齢介護課

電話番号:0569-84-0649

ファックス番号:0569-25-2062

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。