ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 要介護認定 > 要介護認定について

更新日:2018年12月12日

ここから本文です。

要介護認定について

介護保険のサービスを利用したいときは、まず半田市高齢介護課へ申請し、認定を受けてください。

1.半田市高齢介護課の窓口で申請します。

半田市高齢介護課の窓口で本人または家族に申請していただきます。また、半田市包括支援センターや居宅介護支援事業者、介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設)に申請の代行を依頼することもできます。

指定居宅介護支援事業者の一覧などは介護保険サービスの利用についてのページをご覧ください。

また、申請にあたって何かご不明な点などあれば、まずお電話にてお問い合わせください。

65歳以上の方

原因を問わず、日常生活に介護や支援が必要となった場合に申請できます。

  • 申請に必要なもの
    • 介護保険要介護・要支援認定申請書
    • 介護保険被保険者証
    • 主治医(かかりつけ医)の氏名の記入欄がありますので、確認しておいてください。
      特に半田病院や市外医療機関の主治医の場合は、次回の予約日も確認してください。

要介護・要支援申請書については介護保険に関する各種届出様式のページからダウンロードしていただけます。

また、高齢介護課窓口でも準備しています。

40歳から64歳の方

次の16疾病(特定疾病)が原因で、日常生活に介護や支援が必要となった場合に申請できます。

  1. がん(末期状態)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靭帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗しょう症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障がい、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

特定疾病以外が原因の場合は、介護保険の対象にはなりませんのでご注意ください。

  • 申請に必要なもの
    • 介護保険要介護・要支援認定申請書
    • 介護保険被保険者証交付申請書
    • 介護保険被保険者証(すでに交付を受けている方)
    • 医療保険の被保険者証(健康保険証)
    • 主治医(かかりつけ医)の氏名の記入欄がありますので、確認しておいてください。
      特に半田病院や市外医療機関の主治医の場合は、次回の予約日も確認してください。

それぞれの申請書については介護保険に関する各種届出様式のページからダウンロードしていただけます。

また、高齢介護課窓口でも準備しています。

2.認定調査をうけます。

市の職員または市から委託を受けた介護支援専門員(ケアマネジャー)が認定調査員として申請者のご自宅などを訪問します。

74項目からなる認定調査項目に基づいて調査を行うとともに、調査項目のチェックだけでは反映しにくい介護の手間について聞き取り、特記事項として記録します。

心身の状況や普段の生活の様子などもうかがうため、できる限りご家族などの立会いをお願いしています。ご協力をお願いします。

3.主治医(かかりつけ医)に意見書の記入を依頼します。

日頃からの主治医(かかりつけ医)に心身の障がいの原因になっている疾病や負傷に関する意見、医学的な管理の必要性などについて記入してもらいます。

申請書の記入に基づいて半田市高齢介護課から主治医へ意見書の記入の依頼をしますので、申請後はなるべく早めに主治医に受診するようにしてください。

4.審査・判定および認定をおこないます。

認定調査の結果をコンピュータに入力して、一次判定を行います。

一次判定の結果、認定調査の特記事項、主治医意見書をもとに、介護認定審査会でどれくらいの介護が必要か審査・判定(二次判定)を行い、非該当、要支援1・2、要介護1~5の8段階に区分します。要支援1・2、要介護1~5の場合は、有効期間が決められます。

 

申請区分と有効期間について
申請区分 有効期間

新規申請

区分変更申請

原則12か月

ただし、状態不安定な場合は6か月に短縮される場合があります。

更新申請

原則12か月

ただし、状態が不安定な場合は6か月に短縮、状態が安定している場合は24か月に延長される場合があります。

介護保険の認定は、介護にかかる手間をもとに、介護サービスの必要度(要介護度)を審査します。

したがって、その方の障がいの程度や病気の重さと要介護度の高さとは必ずしも一致しない場合があります。

5.認定結果の通知

審査結果を記載した通知書と、介護保険被保険者証を簡易書留で郵送します。

申請から結果を通知するまでに、おおむね30日程度お時間をいただきます。

審査の結果、要支援1・2、要介護1~5と判定された方は介護保険サービスをご利用いただけます。

サービスの利用方法などについては、介護保険サービスの利用についてのページをご参照ください。

また審査の結果、非該当と判断された方は、介護保険のサービスは利用できません。

このような方は、半田市の福祉サービスを利用できる場合がありますので、高齢介護課または半田市包括支援センターまでご相談ください。

6.更新の手続き

有効期間が満了しても引き続き介護保険のサービスを利用する場合は、更新の手続きが必要になります。

更新の手続きは、認定有効期間の満了日の60日前から行うことができます。更新の時期が近づいた頃、ご案内の通知をお送りいたしますので、更新の手続きが必要な方はお手続きをお願いいたします。

また、介護保険サービスをご利用している方は、担当のケアマネジャーや入所施設の担当ケアマネジャーに代行してもらえる場合がありますので、担当者へご相談ください。

通知が届いた方のうち、更新の手続きを必要とされない場合は、高齢介護課までご連絡をお願いいたします。

なお、認定を受けている方が、状態の変化等により要介護・要支援状態区分の変更を希望される場合には、区分変更申請をすることができます。区分変更申請をすると再度認定調査等を行い、審査・判定をします。

担当のケアマネジャーや入所施設の担当ケアマネジャーへご相談のうえ手続きをとってください

よくある質問

お問い合わせ

福祉部高齢介護課 介護認定担当

電話番号:0569-84-0648

ファックス番号:0569-25-2062

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?