ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 地域密着型サービス > 地域密着型サービスの基盤整備について

更新日:2018年12月3日

ここから本文です。

地域密着型サービスの基盤整備について

地域密着型サービス事業所を整備するためには

半田市では介護が必要な状態となっても住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるよう、半田市介護保険事業計画において地域密着型サービスの基盤整備計画を明らかにしています。

※地域密着型通所介護事業所の整備に関してはこちら(PDF:30KB)をご確認ください。

地域密着型サービスの指定(指定基準)について

地域密着型サービスの事業を行うためには、介護保険法、半田市条例、その他厚生労働省の定める指定基準などに基づき半田市の指定を受ける必要があります。関係法令などは以下のページをご確認ください。(厚生労働省の法令等データベースサービスにリンクしています。)

関係する基本法令

介護保険法

半田市条例

半田市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備運営等に関する条例

半田市指定地域密着型介護予防サービス事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型最後予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法等に関する条例

各種基準

指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準

指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準

その他

上記の他にも厚生労働省の法令等データベースサービスで必要な関係法令、通知などをご確認いただけます。

地域密着型サービスに関する各種届出について

地域密着型サービスの指定を半田市から受ける(受けている)事業所は以下の場合に各種届出を提出する必要があります。

届出の種別と内容
届出の種別 届出内容
新規(更新)指定の申請届出 地域密着型サービスの事業所指定を半田市から受けるには、「指定地域密着型サービス事業所・指定地域密着型介護予防サービス事業所 指定申請書」の提出が必要になります。また、同申請書の他、提供するサービスの種別ごとに異なる「指定申請に関連する書類」の提出が必要になります。 新規に指定を受けようとする場合は事業を開始する前までに、受けている指定を更新しようする場合は指定の有効期限を迎える前までに指定申請書の他、必要書類を半田市高齢介護課に提出してください。
介護給付費算定の体制届出 地域密着型サービスの事業を行っている事業者で介護サービス費の請求に関する事項に変更があった場合には、「介護給付費算定に係る体制等に関する届出書〈地域密着型用〉」の提出が必要になります。また、同申請書の他、算定するサービスの種別ごとに異なる「介護給付費算定に関連する書類」の提出が必要になります。 介護給付費算定の体制が変わる月の前月10日までに半田市高齢介護課に必要書類を提出してください。
指定内容の変更届出 地域密着型サービスの事業を行っている事業者で受けている指定内容に変更があった場合には、「指定地域密着型サービス事業所・指定地域密着型介護予防サービス事業所 変更届出書」の提出が必要になります。変更内容によっては、同届出書の他、変更内容の分かる書類の添付も必要になります。 指定内容に変更があった後、10日以内に半田市高齢介護課に必要書類を提出してください。

 なお、各種届出の様式、必要となる書類の詳細については、高齢介護課までお問い合わせください。

 

よくある質問

お問い合わせ

福祉部高齢介護課

電話番号:0569-84-0649

ファックス番号:0569-25-2062

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。