ホーム > まち・環境 > 水道 > 掲載ページ一覧 > 水道施設の現況と規模

更新日:2022年6月10日

ここから本文です。

水道施設の現況と規模

半田市が所有する水道施設の現況と規模は以下のとおりであります。

配水管

各配水管の延長

令和4年3月31日現在

管種

口径

鋳鉄管

ダクタイル鋳鉄管

鋼管

ビニル管

ポリエチレン管

 

合計

(m)

50mm以下 0 0 0 156,305 30,436 186,741
75mm 938 5,656 169 60,739 28,482 95,984
100mm 1,433 23,557 564 122,240 15,717 163,511
125mm 43 0 0 0 0 43
150mm 121 72,492 696 8,752 1,646 83,707
200mm 683 49,086 532 3 33 50,337
250mm 428 15,916 516 0 0 16,860
300mm 305 21,629 265 0 35 22,234
350mm 229 3,556 16 0 0 3,801
400mm 376 4,649 161 0 0 5,186
450mm 379 59 197 0 0 635
500mm 184 8,504 153 0 0 8,841
600mm 0 7,151 322 0 0 7,473
合計(m) 5,119 212,255 3,591 348,039 76,349 645,353
構成比(%) 0.79 32.89 0.56 53.93 11.83 100

配水場

各配水場の概要

名称

現況と規模

砂谷配水場

所在地:半田市砂谷町79-1

施設開始及び有効容量:15,470m3

  • 第1配水池(昭和53年7月4,000m3)※平成24年度耐震補強工事施工済
  • 第2配水池(平成27年3月4,970m3)
  • 第3配水池(平成31年3月3,500m3)
  • 第4配水池(昭和54年7月3,000m3)

給水区域:自然流下にて、板山、白山、清城、花園地区に給水

深谷配水場

所在地:半田市深谷町82-1

施設開始及び有効容量:昭和52年6月7,000m3

給水区域:自然流下にて、半田、成岩、岩滑地区に給水

北部配水場

所在地:知多郡阿久比町大字板山字東高根10-2

施設開始及び有効容量:6,000m3

  • 第1配水池(平成5年11月3,000m3)
  • 第2配水池(平成10年9月3,000m3)

給水区域:自然流下にて、有脇、上池、乙川、亀崎、高根地区に給水

増圧ポンプ場

各増圧ポンプ場の規模

増圧ポンプ場名

口径(mm)

揚程(m)

出力(kw)

ポンプ設置年月

緑ヶ丘

80

29

7.5

平成16年2月

君ヶ橋

100

40

15.0

平成14年3月

上池 65 40 5.5 平成14年3月

 

お問い合わせ

水道事業水道部上水道課 工務担当

電話番号:0569-84-0682

ファックス番号:0569-26-4074

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?