ホーム > 暮らし・手続き > 国民年金 > 国民年金の届出 > 国民年金の届出について

更新日:2019年10月30日

ここから本文です。

国民年金の届出について

本人が国民年金の届出に来られるときは、認印は不要です。

20歳になった人

  • 学生・自営業の人(第1号被保険者)は強制加入となりますので本人の届出は不要です。日本年金機構で資格取得処理が終わり次第、加入のお知らせが届きますのでご確認下さい。
  • 会社員・公務員(第2号被保険者)は勤務先が手続きしますので、本人の届出は不要です。
  • 会社員・公務員に扶養されている配偶者(第3号被保険者)は配偶者の勤務先で手続きしてください。

現在、第1号被保険者の人

  • 会社員・公務員になった(第2号被保険者)とき。【必要なもの】認印・年金手帳・新しい健康保険証
    (厚生年金加入の場合は手続き不要です。)
  • 会社員・公務員の配偶者に扶養されるようになった(第3号被保険者)とき。配偶者の勤務先に届出してください。
  • 市内へ転入、市内で転居したとき。【必要なもの】年金手帳(青色の年金手帳をお持ちの場合は不要です。)
  • 市外へ転出したとき。(転入先の市区町村に転入届を出すときに年金手帳を提示してください。)
  • 氏名が変わったとき。【必要なもの】年金手帳

現在、第2号被保険者の人

  • 職場を退職した(配偶者に扶養されない)(第1号被保険者)とき。【必要なもの】認印・年金手帳・退職日の分かる書類。
  • 職場を退職して第2号被保険者の配偶者に扶養される(第3号被保険者)とき。配偶者の勤務先に届出してください。

現在、第3号被保険者の人

  • 扶養からはずれた(収入増加や離婚など)(第1号被保険者)とき。【必要なもの】認印・年金手帳・扶養からはずれた日付けの分かる書類。
  • 配偶者が第1号被保険者になった(第1号被保険者)とき。【必要なもの】認印・年金手帳・退職日の分かる書類(配偶者)
  • 会社員・公務員になった(第2号被保険者)とき。【必要なもの】認印・年金手帳・新しい健康保険証
    (厚生年金加入の場合は手続き不要です。)
  • 配偶者が職場(新しい職場が厚生年金や共済組合の場合)を変わった(第3号被保険者)とき。配偶者の勤務先に届出してください。ただし、配偶者の厚生(共済)年金期間に1日でも間があく場合は市役所への届出も必要です。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部国保年金課 年金担当

電話番号:0569-84-0653

ファックス番号:0569-22-8561

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?